おまとめローンで審査

おまとめローンで審査に落ちてしまった時の対処法

 

おまとめローンで何社か審査をしたけれど、審査がすべて落ちてしまったという時に、審査に落ちた人はいったいどうすればいいのでしょうか?

 

まず、短期間で3社申請をしたけど審査に落ちてしまったというような場合には、

 

信用情報センターに審査にいっぱい申請したことがわかってしまいますので

 

それ以上の申請をし田としても、その他の会社ではまず申請を通そうとはしませんので、申請をしても意味はありません。

 

では、そうなった時にはどうすればいいのかというと、

 

審査をした機関から一定の期間を変えてから再度できる限り甘い審査のおまとめローンに申請をしてみるといいでしょう。

 

消費者金融系であれば1ヶ月、銀行系や信販系なら6ヶ月立てば、

 

再び申請が可能になるそうなので、その期間を待ってから申請してしましょう。

 

また、待っている間は何もしないというわけではなく、

 

少しでもおまとめローンの申請が通るように、今ある借金をできる限り返済して

 

少しでも借金額の総額や、借金をしている会社の数を減らすように努力してみましょう。

 

それでも、ダメだという場合には、おまとめローンをあきらめて、

 

債務整理を検討してみるのがいいかと思われますが、

 

少しでも可能性があるならおまとめローンが通るように頑張ってみてください。

 

おまとめローンでも即日融資はあるのか?

近年では多くの消費者金融や銀行系カードローンでも

 

即日融資が可能な会社が増えてきてますが、その即日融資というものはおまとめローンでも利用が可能だったりするのでしょうか?

 

おまとめローンとなりますと、基本的に多額の借金でかつ借入している会社が複数な場合のところが多いですから、

 

返済可能性を考えると、審査もより慎重になるものですから、

 

おまとめローンでは即日融資はないのではないかと思ってしまいがちでます。

 

 ですが、おまとめローンでも即日融資をしてもらえることは可能です。

 

もちろん即日融資ができるといったとしても、

 

おまとめローンですので通常よりもかなり即日融資が実現できる可能性が低いものといえます。

 

即日融資ができるような条件となりますと、

 

年収がかなりいいといった側面やおまとめをする借金の金額の合計や借入している会社の件数が少ないような感じでしたら

 

即日融資が通りやすい可能性はあるといえるでしょう。

 

 基本的にはなかなか即日融資が実現する可能性は低いという面を持っていたほうが一般的な感覚に近いでしょう。

 

ですが、借入している会社数を減らしたり、

 

借入金額を減らせば、即日融資も可能性が高くなりますので、

 

即日でおまとめローンを利用するためにはしっかりと条件を整えておくといいでしょう。

 

おまとめローンで人気の金融会社

おまとめローンでも、特にどこが人気があるのかというようなことが気になりますよね?

 

おまとめローンで人気のところであれば、審査の通りやすさやサービスの良さがあると期待されやすいものです。

 

では、実際にどの会社が人気があるといえるのでしょうか?

 

まず、どの比較サイトでもほぼ上位にいるといえるのがオリックス銀行のおまとめローンであります。

 

金利も一番安いので3パーセント台とかなり安い金利が適用されるのが人気の理由の一つであり、

 

限度額も800万円と高額なのが人気の理由の一つであります。

 

その他に上位によく位置している銀行系のおまとめローンでは、みずほ銀行のおまとめローンが人気であります。

 

こちらも、金利の適用範囲が4.0%〜14.0%と低金利でご利用が可能になる面もあれば、1000万円の高額の限度額も最高レベルの額です。

 

これだけいい面もありながらも、パートアルバイトも利用可能と、幅広く受け入れもしているのも人気の理由だと思われます。

 

 

また、おまとめローンは銀行に人気が集中しやすいものですが、消費者金融ですと、SMBCモビットのおまとめが人気があります。

 

下限金利が銀行並の3.0%まで下げられていますし、審査も銀行系のものよりも厳しくないですから、人気が高いでしょう。

 

 

おまとめローンの審査と在籍確認 ほかの消費者金融を一括返済してまとめられる?

 

複数のキャッシングと契約して返済に困ったときにおまとめローンを利用して対応できる場合があります。新たに契約した借り入れを使って現在契約中だったものを一括返済するものであり、1社にまとめられるため限度額が高くなり、利息を減らしたり管理の手間を省けるなどの効果があります。

 

借り入れ総額によって利用できるローンに違いが出る場合があるので注意が必要です。銀行であれば総量規制の影響を受けないので、年収の3分の1を超える金額でもまとめることができます。

 

消費者金融の場合は通常は総量規制が適用されるので利用できません。ただし、一方的に有利になる借り換えに関しては例外で認められているため、借り換え、またはおまとめ専用のローンが用意されていれば利用できます。大手の消費者金融でも取り扱いがないこともあるので、借り先は制限されます。

 

法律上は借りることができても審査は厳しくなっているので、簡単に借り換えができるものではないです。おまとめローンの場合も基本的に担保や保証人は不要であり、信用で融資をするものが多いですが、多重債務に陥っている状態なので計画的な利用ができていない証拠になっており、通常のキャッシングと比べて申し込みの時点で不利になっています。

 

さらに、複数の借り入れをまとめるので限度額が高額になるため、貸し倒れが警戒されます。そのため、年収が200万円以上必要であるなどの条件が付けられているものも多いです。

 

在籍確認も必須であり、消費者金融を利用する場合でも勤務先への電話連絡になり、書類による代用はできません。しかし、内容自体は本当に勤務しているか確認するためのものであり、他に追加の確認項目があるわけではないので警戒しなくても良いでしょう。

 

おまとめローンは銀行と消費者金融で、返済専用になるか、という点が大きく違っています。銀行の場合はカードローンの限度額の上限が高いため、専用のものが用意されているのではなく、カードローンの用途の1つでまとめる場合が多いです。

 

そのため、限度額に空きができていれば、完済でも追加で借りられる利便性の高さがあります。消費者金融の場合、専用のローンを利用した場合は返済するだけになるため、追加の借り入れはできません。

 

何でもまとめれば良いというものでもないことに注意が必要です。消費者金融だけであれば、金利が高いものが多いのでそれほど影響がありませんが、他にも低金利の借り入れがある場合、まとめたことで利息が増えてしまう場合もあります。

 

おまとめローンは借り入れをまとめるためのものですが、制限なく利用できるものではありません。これは通常のキャッシングの審査でも同じことですが、契約数が4社以上になっていると厳しくなって通らないことが多いです。

 

契約数が多過ぎるときは、先にいくつか完済して減らしてから申し込みを行った方が良いでしょう。当然ながら、遅延して個人信用情報機関に記録されてしまった場合も信用を得られなくなるので、ギリギリになるまで多重債務の状態を放置するのではなく、少しでも負担が大きいと感じたら早めに対処した方が安全です。

 

まとめた後も返済方法を確認して適切にしておかないと、以前よりも完済までの総額が高くなってしまう場合があります。

 

月々の支払い額が抑えられるので楽になる、と宣伝されていますが、減らし過ぎてしまうと期間が長期化します。元本が減らなければ利息は高くなってしまうので、自分の収入に合わせて無理のない範囲で金額を高めに設定した方が良いです。

 

また、余裕があるときは繰り上げを利用するのも効果的になります。ただし、無理に繰り上げて生活資金が不足してしまい、支払いの遅延を起こす、または追加の借り入れをしていると意味がないので注意しましょう。

 

銀行カードローンや消費者金融のおまとめローンなど、無担保で利用できるものの審査に落ちてしまう場合には、不動産担保ローンなども考慮すると良いです。

 

担保があるので貸し倒れの危険性が小さくなるため高額の借り入れがしやすくなり、金利も低くなるのが特徴です。

 

ただし、金融機関に抵当権が移っているので、返済できなくなったときに担保を失ってしまうので、払える見込みがないときに利用するのは適切ではありません。

 

なお、金利が低くても手数料が高いことも珍しくないので、全体でどの程度の支払い額になるのか把握して比較する必要があります。

 

そもそもおまとめローンを利用すれば解決できるのか、ということを先に考えておくと良いでしょう。まとめても借り入れが減るわけではないので、返済能力を超えていれば利息が減っただけでは対処できません。

 

申し込んだときに債務整理を勧められることがありますが、このときは反感を持つのではなく、その助言に従うべきか検討した方が良いです。返せない借り入れをまとめても圧迫された生活が続き、最終的に債務整理に陥るため、無理にまとめるメリットはありません。