お金借りれる アコムで申し込み当日に融資を受ける

 

アコムの在籍確認はどんなこと聞かれる? 会社に電話連絡ある?

 

もしも不測の出費に見舞われたり、急な飲み会の費用を用立てしなければならなくなったり、月末の生活費が賄えなくなったり、またあるいは家族揃って出かけるレジャー費が不足してしまったりと、私たちの暮らしのあちこちにお金の問題は生じうるもの。そんな時に消費者金融の借入サービスをうまく活用すると、手頃な利率にて効率よくお金を用立てすることができます。

 

その中でもアコムは全国的にも知られた有名店。ATMや店舗窓口の設置も多く、困った時にはスピーディーかつ簡単に手続きすることが可能です。

 

アコムでの借り入れにはキャッシングやカードローンといった手法がありますが、いずれの方法でお金を用立てするにしても、まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機などを使って必要事項を申請するところから始めなければなりません。そして場合によっては身分証や年収証明書の提示なども必要となりますので事前の準備が欠かせません。

 

ここまでの段取りが終わると、今度はアコム側の審査手続きがスタートします。ここで信用情報機関への照会とともに重要なポイントとなるのが、勤務先への在籍確認です。これは申請者が最初に記載した勤務先に電話をかけ、本当に本人の勤務実態があるのかどうかを確かめるためのもの。ここで勤務先の情報が正しいことが確認された時点でこのチェックは完了となります。

 

それではアコムの在籍確認ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。まずはこの審査過程では申し込んだ本人が電話に出る必要は一切ありません。また、審査担当者も決して社名やサービス名を名乗ることなく、多くの場合に個人名にて電話をかけます。そのため会社の同僚が借金契約のことについて知ってしまうリスクは一切なく、本人は安心して良いでしょう。この時、審査担当者は電話口にて申請者の名前を挙げてその人物に通話を取り次いで欲しい旨を伝えます。この時、うまく取り次いでもらえたならばその時点で完了となりますし、また本人が不在の場合でも在籍している確証さえ得ることができればこれもまた大丈夫です。

 

ただし、この時に「そのような人物はおりません」という答えが返ってくると、在籍確認を完了したことにはならず、この案件は持ち越しとなって、後日もう一度電話をかけ直すか、あるいは在籍確認に代わるような方法で本人の勤務先を確認することになります。

 

それではもしも在籍確認できない場合にはどのような手段が残されているのでしょうか。実際に電話をかけてみて本人に繋がらないケースもあるでしょうし、また最初から勤務先に電話がかかってくるだけで不審がられるので控えてもらいたいと考えるケースもあるでしょう。この時にはまずアコムの電話相談などを利用して他の方法にて代用できないものかどうかを尋ねます。これが認められると社員証や健康保険証、給与明細書などといった社名が印字された書類を提示することで認めてもらえることもあります。

 

 

アコムの審査基準 審査前に知っておきたいこと

 

アコムで借り入れの審査を依頼する場合所定の書類を用意する必要があり、希望の借り入れ額によって必要な書類が若干違ってくる点に注意してください。

 

まず借り入れ額の大小に関わらず本人確認書類が必要で、原則的に顔写真が掲載されている物が必要になってきます。

 

そのため運転免許証や個人番号カード、住民基本台帳カードならば条件を満たす事ができますが健康保険証等顔写真が掲載されていない確認書類に限っては該当の公的証明証の他に住民票か公共料金の領収書が必要な点を留意してください。

 

ただし携帯電話の領収書は本人確認書類として使用する事ができない点も留意してください。

 

次にアコムの審査前に自分が希望する借入額を確認し、50万円以上の契約を希望している方は源泉徴収票か給与明細書を含めた収入証明書が必要になってきます。

 

またアコムで借り入れ額がなくとも他社との借り入れ額の合算が100万円を超えた場合も収入証明書が必要になるので審査前には用意するようにしてください。

 

給与明細書を提出する際には地方税を含めた住民税の記載がない書類に限っては直近2か月分の給与明細書が必要になってくる上に、賞与明細書がある場合は直近1年分の書類の提出も求められるので審査前には必ず用意するようにしましょう。

 

給与明細書に必要事項が記入されていても手書きである場合は担当印を除いた社印が必要になってくる上に、入社が前年1月以降の方は直近2か月分の給与明細書が必要になってくるので注意してください。

 

以上が審査に必要な書類になっていますが、こういった借り入れ審査が初めての方はアコムの公式サイトで実施されている3秒診断を実施してみる事をお勧めします。

 

これは年齢と年収と現在の自分の借り入れ額の総額を入力する事で、融資を受けられるかどうかが簡易的にわかるようになっているので審査書類を用意しても徒労に終わってしまったという事にならないので非常にお勧めです。

 

ただしアコムでは原則的に50万円を超える借り入れか他社との借入額の合算が100万円を超えない限りは審査基準が優しく設定されているのであまり固くならずに申し込んでみる事をお勧めします。

 

さらに必要書類等の確認作業が容易に行える状況である場合は審査時間も30分未満である事が多く、店頭窓口やむじんくんで手続きを行う場合はカードも即時発行ができるので融資に即座に受けたいという方は窓口やむじんくんでカードを受け取るようにしましょう。

 

反対に郵送でカードを受け取る場合は発送する地域にもよりますが、カードの受け取りに1週間以上の時間がかかる場合もあるのでその点は留意してください。

 

この様にアコムでのカードローンを含めた融資を受ける際には借り入れ額によって必要書類の内容が違ってきますが、審査を受ける前に3秒診断と同時に返済シミュレーターを行ってどういった返済予定になるのかを把握しておく事を強くお勧めします。

 

特に100万円を超える融資を受ける予定の方は返済が長期に及ぶ可能性が高いので、インターネット返済を含めたいつでも返済できる環境を把握しておくことも併せてお勧めします。

 

 

アコムは無利息で借りれる?カードローン初めてで不安な方に

 

使い道が自由なお金を借りられるカードローンは、とても便利なサービスです。

 

無担保、保証人なしで借りられ、身分証明書だけで申し込みもできるので、気軽に利用することができます。

 

申し込みをした当日に融資を受けられるカードローンなら、急な出費でお金が必要なときには頼れる存在です。

 

しかし、カードローンは便利なサービスではあるものの、借金であることに変わりはありません。

 

借りたお金は利息を上乗せして返済しなければいけないので、無計画に借入をすると生活が破綻する恐れがあります。

 

ですから、利用してみたいと思いつつも、不安が大きくて利用できない人もいます。

 

カードローンの利用が未経験で不安があるなら、おすすめなのが無利息サービスです。

 

無利息サービスとは、基本的に初めて利用する人に限り、一定の期間だけ利息をなしにしてお金を借りられるサービスです。

 

無利息で借りられるお金には上限が設けられていますが、緊急でお金を借りたいなどといったときには十分な金額なので、デメリットよりメリットが多いと感じられるでしょう。
カードローンの賢い使い方を身につけるためにも、初めての人には無利息サービスの利用がおすすめです。

 

テレビCMなどで頻繁に目にする機会が多いアコムでも、無利息サービスは提供されています。

 

アコムの無利息サービスは、契約日の翌日から30日間が無利息の期間です。

 

この期間内なら借り入れている金額に対して、利息は一切かかりません。

 

30日間の無利息期間が終了してしまえば利息も発生しますが、それまでに借り入れた全額を返済してしまえば、利息を支払わずにお金を借りることができます。

 

注意点としては、無利息期間の開始日が契約日の翌日であることでしょう。

 

初めての借入日ではないので、契約してもすぐに借入をしなければ、無利息期間を無駄にしてしまいます。

 

ですから、アコムと新規の契約をするなら、本当にお金が必要になってからがベストです。

 

お金が必要になったときに申し込むことにより、無利息期間を最大限に活用できます。

 

このようにアコムでは、カードローン初心者には安心できるサービスを用意しています。

 

また、お得感のある無利息サービスだけでなく、アコムなら大手の消費者金融なのでそれだけで安心感がありますし、問い合わせの窓口も豊富です。

 

疑問点があればすぐに問い合わせて解決できるので、初めてカードローンを利用する人には最適なサービスとなっています。

 

お金が必要で初めてカードローンを利用するなら、候補の一つとなるでしょう。

 

ただし、初心者には優しいアコムと言えども、お金を借りるカードローンです。

 

無利息サービスもお得なサービスですが、期間を過ぎれば通常と同じ金利が適用されます。

 

無利息期間を過ぎてもお金を借りるなら、金利を計算し返済のことを考えながら利用してください。

 

計画性を意識しながらお金を借りるようにすれば、カードローンは比較的安全に活用できます。

 

 

 

アコムの審査口コミ 借り入れ体験談情報

 

同棲するにあたって、二人で使う家具や家電を買い揃えるためにお金を貯めていましたが、敷金礼金など思っていた以上の金額が必要になってしまい、少しお金が足りないということになりお金を借りることにしました。

 

もう少し貯めてからにしたかったのですが、早くしないと他の人にとられてしまう可能性もあったので一刻も早く融資してくれるところが良いと思いました。早さでいうとやはり消費者金融かなと思いましたが、最初はかなり不安な気持ちもあり悩みました。

 

でもアコムなら大手だし大丈夫そうかなと思ったので、申し込んでみることに決めました。

 

社会人として働き出して2年目ということもあり、安定した収入はありましたが本当に審査に通るかなという不安もあり、ドキドキしました。ウェブサイトを見てみると匿名で使うことができるクイック審査があったので、事前に可能かどうか調べることができたのもありがたかったです。

 

クイック審査では借入可能とのことだったので、少し安心しても申し込みをすることができました。申し込んでから本人確認の書類の提出をするのもスマートフォンで簡単にできたし、こんなに簡単で本当に大丈夫かなと思ってしまったくらいでした。その後少ししてからアコムからメールが届きました。

 

そのメールに急ぎの場合は電話でと書かれていたので電話をするのとにしました。メールがあった時点で仮審査はクリアしたということを教えてもらうことができ、電話の相手も女性で丁寧だったのでホッとしました。

 

その後は在籍確認もあり、バレないかなとドキドキしましたが個人名で電話をかけてもらうことができたので、職場の人にアコムを利用したことは気づかれることもありませんでした。

 

カードは郵送か無人契約機に行くかどちらにするか悩みましたが、郵送だと届くまでドキドキしなくてはならないかなと思ったので、勇気を出して無人契約機に行ってみることにしました。

 

無人契約機はわりと近くにありましたが、誰か知り合いに見られたらどうしようという気持ちもありました。

 

でも周りの人も特に気にする様子もなかったし、無人契約機に入って仕舞えば、後は完全にプライベートな空間となっていたので落ち着くことができました。

 

画面に表示された通りに進んでいき、事前に審査はクリアしていたのでかなりスムーズにカードの発行をすることができました。

 

その後はそのままの流れでカードを使ってお金を引き出しました。申し込んでからお金を融資してもらうまでに必要になった時間も数時間だし、本当に当日にお金を手にすることができたことにはびっくりしました。

 

無利息期間も一ヶ月ほどあるので、その間に返すことができれば全く損をしないというのはすごいなと思います。無事に審査に通ることができ、お金を借りることができたので新たな住まいでも快適に過ごすことができそうです。悩みましたがアコムを利用することに決めて、本当に良かったなと思っています。

 

 

アコムでお金の借り換えは可能?ほか消費者金融で借りているケース

 

アコムにはおまとめローンがあり、他の消費者金融で借りている借金を一括にまとめる事が可能です。

 

但し審査基準は必ずあるのでその審査に通る事が条件となります。

 

審査が通らないケースとしては、特定の職業に就いている人、毎月安定した収入がない人、信用情報に事故情報が登録されている人、新規の場合に他貸金業者から借入件数が5件以上ある人、新規の場合で借入総額が年収の3分の1以上の人が挙げられます。

 

特定の就業とは、反社会的な団体と関係がある会社や過去に犯罪に加担した会社などがあります。

 

他にも水商売などもありますが、直近数か月分の給与明細を提示すると契約できる可能性もあります。

 

毎月の安定した収入とは、給与収入、事業収入、投資収入などがあり毎月1回以上の安定した収入があれば大丈夫です。

 

但し年金や自治体などからの給付金、失業給付金は安定した収入には含まれません。

 

また、休職中の場合には給与の一部を受け取っていても審査に落ちる可能性が高くなります。

 

信用情報とは、過去のクレジットやローンの取引履歴の事を指しており、信用情報機関は3つあります。

 

アコムなどの金融業者は3つのうちのいずれかの信用情報機関に加盟しているため、互いに利用情報を共有する事ができます。

 

申込者の信用情報を取り寄せ過去に信用情報の事故記録があれば審査は通りません。

 

事故情報とは債務整理や長期遅延などの金融事故記録の事を言います。

 

例えば債務整理の場合は、最長で5〜10年は信用情報が消えず、長期遅延の場合は最長で5年間となります。

 

ちなみに長期遅延は、ローンやクレジット、割賦払いなど2〜3ヶ月遅延する事で長期遅延の場合は延滞分を全て返済していれば審査に通る可能性もあります。

 

過去にアコムへの返済を家族などの第三者に肩代わりしてもらったり、返済を遅延しそれ以降返済していない人は、アコムの社内データに記録されており基本的には消えないため審査が通らない可能性が高いです。

 

審査が通らない理由を先に述べましたが、それら以外の方は殆どがおまとめローンを利用する事ができます。

 

実際に借り換えが出来た時の金利は、7.7〜18.0%の幅があり実際に適用される利率は、加重平均金利の−1%で計算されます。

 

加重平均金利とは、借入ている数社の年間利息総額を借入総額で割った数になります。

 

また、金利は交渉すると引き下げをしてくれる可能性もあるので交渉もするのも1つの方法です。

 

借換えできる利用限度額は300万までですが、借換え専用なので年収の2分の1から借入総額を引いた金額が上限になります。更に年齢条件があり60歳以上の場合の利用限度額は50万円までとなっています。

 

また、借換え専用ローンを契約するとアコムが本人に代わり他者へ返済代行をするので、通常のカードローンの様に利用限度額の範囲内で追加借入する事はできません。
契約時は基本的に店舗か無人くんに来店する必要があり、融資まで最短1時間程度必要になります。

 

 

お金借りれる アコムで申し込み当日に融資を受ける

 

お金借りれる アコムで申し込み当日に融資を受ける

アコムで即日融資を受けるには、FAXまたはネット申し込みで契約して振込による融資を受けるか、店頭窓口、むじんくんで契約する必要があります。

 

店頭窓口もしくはむじんくん経由の契約であれば、必要書類を持参するだけでその場でカードを受け取れます。

 

そのままATMでカードを使って出金することも、振込による融資を受けることもできます。

 

FAXを使って申し込む場合は、パソコンで契約書類を印刷し、必要事項を記入して本人確認書類などとともに送信します。

 

この契約書類はコンビニでも出力して印刷できるので、

 

パソコンをお持ちでない方でもコンビニで申し込みができます。

 

ネット申し込みをするときはパソコンや携帯、スマホで公式サイトにアクセスし、

 

申し込みフォームに必要事項を記入して申し込みます。

 

折り返し電話かメールで内容確認の連絡が来るので、その後に本人確認書類をアプリやFAXで送信します。

 

カードローン審査が終わると契約内容を記したメールが送られてくるので、内容に同意して契約完了です。

 

FAX申し込み、ネット申し込みでは振込による融資を利用することになりますが、

 

振込先の口座によって即日融資が実現できないことがあります。

 

24時間すぐに振込が完了するのは楽天銀行のみであり、

 

それ以外の銀行口座への振込は平日の営業時間内でなければ翌営業日になってしまいます。

 

ただ、初回借り入れに限り救済措置が用意されており、

 

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に限っては平日の18時までに手続きすれば19時までに振込が行われます。

 

契約は完了したものの、営業時間が過ぎてしまったという方でもその日のうちに融資が受けられるようになっています。

 

アコムカードローンの返済方法は?

 

アコムの返済方法にはどんな種類があるのでしょうか?

 

返済するなら出来るだけ効率よく返済したいものです。

 

返済方法でお悩みをお持ちの方も多いかと思いますので、今回はアコムカードローンの返済方法についてみていきましょう。

 

 

アコムカードローンの返済方法はインターネット返済・コンビニ提携ATM・店舗窓口・振込・口座引落があります。

 

ではそれぞれの特徴やメリット、注意点にてついて紹介します。

 

 

 

まずインターネット返済ですが、24時間365日利用可能です。

 

好きな時に何時でも返済できるのが非常に便利です。

 

但し、アコムと提携しているインターネットバンキング口座でないと利用できませんので、確認した上で利用しましょう。

 

インターネットバンキングでの返済はペイジーというサービスを利用します。

 

条件としては、インターネット返済可能なネットバンキング口座を開設済み、アコム会員ペイジーにログインできる事です。

 

基本的には何時でも返済可能ですが、毎週月曜日のAM1:00〜5:00、毎月第3日曜日のAM0:00〜5:30はメンテナンス実施中ですので利用不可となります。

 

ネットバンキングでの返済で気になるのが手数料です。

 

しかしアコムではネットバンキングでの返済手数料は無料です。

 

どの時間帯で返済しても手数料は一切かかりませんので、他の返済方法よりも手数料を節約できます。

 

自宅はもちろんの事移動しながらでも返済できるので非常に便利です。

 

 

 

次はコンビニ・提携ATM返済です。

 

自宅の近くにアコムの店舗やATMが無いからローンカードを使いたくても使えないという人もいるかと思います。

 

そんな方にオススメしたいのがコンビニや提携ATMの返済方法です。

 

アコムと提携している銀行やコンビニのATMでアコムのローンカードを使って返済します。

 

操作も非常に簡単ですので戸惑うことはないでしょう。

 

コンビニでの返済のメリットは何と言っても24時間利用できることです。

 

コンビニ寄ったついでに返済と言った方法も出来ますので非常に便利です。

 

しかもアコムは提携しているコンビニATMが非常に多いのも嬉しいところ。

 

ローソン・セブン-イレブン・ファミリーマート・サークルKサンクス・スリーエフ・ポプラ・生活彩家・デイリーヤマザキ・ココストア・セーブオン・ セイコーマート・ エブリワン・ミニス
トップ・ コミュニティ・ストア・・ニューデイズ・アンスリーと提携しています。

 

中でも大きなシェアを持つセブンイレブンやローソン、ファミリーマートで使用できるので、返済場所で困ることはなそうですね。

 

コンビニ返済でネックとなるのが利用手数料です。

 

残念ながらコンビニATMでの返済時には108円または216円の手数料が発生します。

 

 

 

ネット返済や液晶端末での返済が苦手という方に店舗窓口での返済がおすすめです。

 

また無人契約機にはアコムATMが併設されています。

 

窓口返済ではスタッフに返済したい旨を伝えた後、支持に従って手続きすればOKです。

 

返済した際は、その場で利用明細書が発行されます。

 

店舗窓口で返済する際は営業時間を事前に確認してから利用しましょう。

 

土日祝日は休みとなりますので、利用できるのは平日のみです。

 

 

営業時間は9時30分〜18時となります。

 

但し店舗併設のATMは24時間利用可能です。

 

支払手数料は共に無料です。

 

 

 

アコムカードローンでは返済方法によって返済日が異なりますので注意が必要です。

 

口座引き落としの場合は毎月6日に、それ以外の返済方法は自身の都合の良い日もしくは35日毎となります。

 

うっかり返済を忘れてしまう方も多いですから、確実に返済するためにも口座引落がおすすめです。

 

但し、アコムの無利息キャッシングは35日サイクルでの返済しか対応していませんので、殆どの方はコチラの方法で返済するかと思います。

 

返済日を忘れてしまうという方は返済日を通知してくれるEメールサービスに登録しておくことをオススメします。

 

 

大切なiPhoneを壊して買い直すためにアコムのキャッシング即日融資

 

32歳の男性です。東京都内に勤務している会社員です。私はこの間、手に入って給料でiPhoneを購入しました。

 

ずっと欲しかったので、手に入れられてとても嬉しいです。しかし残念なことは起きました。iPhoneを使いながら街を歩いていると、有名人を見かけました。

 

その人のことを見ているうちに、知らない人と肩がぶつかりiPhoneを落として壊してしまいました。芸能人を見るのに、iPhoneを犠牲にするのはもったいないことです。

 

仕方がないのでまたiPhoneを買い直そうと思いました。しかしお金がありません。そこへ頼れるのは消費者金融のアコムです。

 

消費者金融の利用したことありませんでしたが、どうしてもほしいiPhoneのためなら仕方がありません。

 

ATMに行き画面を操作して、簡単に8万円を手に入れることができました。申し込みからお金を手に入れるまでかかった時間は約20分。この速さがアコムのキャッシング即日融資の魅力です。おかげでiPhoneもすぐに購入し直すことができました。

 

アコムにはもう一つの見逃せない特徴があります。それは在籍確認をしないことです。

 

お金を借りた際に、お金を借りたことを自宅や実家に連絡することを在籍確認といいます。

 

大変迷惑なのですが。アコムではこの在籍確認を絶対にしません。お金を借りる際にハードルは低いです。

 

新しいiPhoneを楽しんで使っています。素早くお金を貸してくれたアコムなら、お金に困った時にもう一度使いたいです。

 

お金がないこと子供に知られなかったアコム

 

お金がないときに、私がいつも利用しているのは消費者金融のアコムです。有名な消費者金融でお金を借りましょう。

 

名前の知れない消費者金融では、どのようなトラブルに巻き込まれるかわかりません。有名な会社なら、その他にもサービスが充実しています。

 

私は39歳の主婦です。このあいだアコムでお金を借りました。金額は25万円でした。なぜお金を借りたかというと、子供の学習塾の費用にお金を支払わなければいけなくなったからです。

 

うちの子は中学生で、そろそろ本格的勉強しなければいけません。最近の進学塾の費用は高く、1ヶ月4万円も支払わなければいけません。半年分のお金を一度に支払うために、アコムでお金を借りたのです。

 

アコムのキャッシングのいいところは、在籍確認がないところです。親が借金までして進学塾に通ってたなんていうことがわかってしまったら、子供は勉強どころかプレッシャーになってしまいます。

 

アコムでは在籍確認がないので、子供の学習を妨げることもありませんでした。私はパートをしていますが、職場電話連絡がないので、働いている私にも都合がいいと思いました。

 

これからもお金が足りなくなる時があると思います。そのときにもアコムにまた、お金をお願いしたいと思います。