エポスカード審査在籍確認

エポスカード審査在籍確認ある? 即日発行カードローンで借り入れ希望なら

 

エポスカード審査では、様々な段階があります。もちろん在籍確認もあるようです。

 

一つは申し込みをした時の審査書類で、これは特に自分で書類を書いたり自分で審査内容を入力して申し込みをした段階で行われます。

 

これは社内審査と呼ばれ、その会社の中でどのような利用履歴がありどのような申請をしているか、

 

ということに対して審査が行われ、また、その申請内容が虚偽かどうか、あるいは本当に行われたものかどうか、

 

おかしくないかなどを審査することになります。エポスカード審査の場合は審査基準は比較的ゆるめのため、あまり審査に引っかかることはないようです。

 

 

次にカードの中でもあなたの信頼性を確かめるための信用情報を見ます。

 

この信用情報とは、金融関係での信用情報のことで、例えばあなたがこれまでクレジットカードの利用で滞納したことはないか、

 

自己破産などをしたことがないか、借り入れのキャッシングやカードローン、他の様々なローンはどのような契約をして借りているか、返済状況はどうなっているか、というようなことをチェックします。

 

この時、他のカードやローンの利用があって定期的にしっかり返済をしているのならむしろエポスカード審査の上ではとても有利となり、

 

利用上限額などがプラスされることがあります。一方そのようなカードやローンの支払で滞納があれば、その分カードの利用限度額が下がるでしょう。

 

これはあなたの信頼性があまりないために起こることですから、信頼性が高くなれば改善されます。

 

その後に本人確認がなされます。本人確認とは、エポスカードの会社からあなたへの電話連絡であり、本人確認、住所や生年月日などの確認がなされる場合もあります。

 

ただし早いところやあなたの信頼性が高いとなると、電話にあなたが出ただけで十分信頼性が高くなると判断されるようです。

 

その後に在籍確認がなされます。
エポスカードの場合、在籍確認に関してはある場合もあればなくても審査に通るという場合が多いでしょう。

 

特に、エポスカードの会員の中には在籍確認があったという人もいればなかったという人もいて、もちろんここまでの審査で落ちている人にはそのような審査はなされませんが、

 

信頼性が高い人だとエポスカード側が判断すれば、カードの信頼性や信用情報などから電話での連絡がない場合もあります。

 

ただし、大体の場合はあると思っておいたほうがいいでしょう。この時、大体は個人名で会社に電話がかかってきます。

 

ちなみに電話口で何らかの確認がなされることはなく、本人が在籍していることが確認できればいいので、

 

例えば外出中だったり接客応対中だったりして電話口に出られなくても、審査に通る場合がほとんどです。

 

ちなみにこの審査は様々なものがあり、最近では特に簡略化されていることも多いので、あまりそこまで手間がかかることはありません。

 

ちなみに、クレジットカードの審査なので、あまり気にすることはないでしょう。

 

実際に電話してもらうとかなりシンプルに終わることが多く、そこまで時間がかかることもありません。

 

また、今の世の中ではクレジットカードを持っているのは別に恥ずかしいことではありませんから、カードの審査だとバレてもあまり恥ずかしいことはないでしょう。

 

ちなみに会社の中にはそのような配慮をしてくれるところもありますから、しっかり確認してもらっても問題はないはずです。

 

クレジットカードについてはキャッシングなどの詳しいことは個人情報なので、一切聞かれることはありません。

 

最後に電話連絡後に最終審査がありますが、だいたい電話での在籍確認まで出来ているのなら、

 

その後の審査は大して問題がないことが多いでしょう。すぐにカードが発行されることがほとんどです。

 

エポスカードの在籍確認は勤務先連絡ある?

 

現金を持ち歩かなく手もカードで支払いたい、現金ならつかないポイントがカード払いならポイントがつくなどの理由で多くの人がレジットカードを持っています。クレジットカードはそのようなメリットがありますが、カード会社が本人の代わりに先にお金を支払ってくれていて、あとでそのカード会社に返すという仕組みになっています。

 

しかし融資をする金融会社と個人の間で、貸したお金をきちんと返してもらう、または借りるほうも返済ができるようにするためには信用と実績を知ることが必要になります。

 

そこで申し込み時には申込者のプロフィールだけでなく年収や勤務先、勤続年数、他社での借入などを申告し、その内容が虚偽ではないかを確認するための審査が行われます。

 

勤務先に偽りがないかを確認するために在籍確認をするところもたくさんあります。

 

しかし最近では携帯電話で連絡を取り合う場合が多いので会社に電話をかけてくることはあまりないので、

 

他の人にお金の借入を申し込んでいることをばれるのではないかということがあったり、まだ新人なので個人的な電話は困るなどという場合、在籍確認をしてほしくないということがあります。

 

そんなときに在籍確認がない金融会社もあるのでそのようなところを探して借り入れを申し込むようにすると在籍確認なしで申し込むことができます。

 

最近では会社の給与明細や健康保険証などで申告した勤務先に在籍していることが分かる証明書を提出することで在籍確認をしないという会社も増えつつあります。

 

またクレジット会社の自動審査システムの普及も在籍確認なしの会社が増えていることや

 

勤務先に電話をして故人を呼び出すことが個人情報の漏えいにつながるなどが在籍確認を省く理由です。

 

 

エポスカードはどうでしょうか。エポスカードもクレジットカード業務をしている金融会社で2004年に設立されて2006年から発行しています。

 

普段の買い物やネットショッピングなどで使うだけでなく公共料金の支払いに利用することができます。

 

また海外旅行に行くときに海外旅行傷害保険が付帯されたり、結婚や引越しなどお金が必要なときに枠内の範囲で借り入れをすることもできます。

 

そして利用をすることで200円で1ポイントたまります。

 

たまったポイントは1ポイント1円でマルイでの買い物に使ったり、商品券などと交換したり、他者のポイントに移行したりできます。

 

またプリペイドカードもあり、1ポイント1円でプリペイドカードにチャージをしてVIZAの加盟店で使うこともでき、さらに利用額の0.5%のキャッシュバックもあります。

 

年会費が永年無料で利用に応じてグレードアップするシステムとなっています。

 

通常2年で消滅するポイントもゴールドカードになると有効期限がなくなるというメリットもあります。

 

エポスカードはこのようなクレジットカードですが、エポスカードは審査において在籍確認なしの部類に入っているので在籍確認の心配が不要で申し込めるカードです。

 

 

 

 

エポスカードの審査基準 どうしても審査落ちしたくない

 

エポスカードは世界で使えるVISAブランドが付いたクレジットカードです。

 

マルイが発行しているクレジットカードとなりますので、流通系のクレジットカードとなります。

 

流通系のクレジットカードは銀行系のカードと比べて審査に通りやすい傾向にあります。

 

エポスカードの目的はマルイの利用者を増やすためですので審査難易度が他の会社のクレジットカードと比べて甘く、収入の無い専業主婦や学生の方でも審査に通ることができます。

 

エポスカードの申込資格は「18歳以上」「高校生不可」となっており、無職、フリーター、大学生、専業主婦の方でも申し込みできるようになっています。

 

また海外在住の方は申し込みできません。

 

そして未成年者の方は親権者の同意が必要になります。

 

実際に年収がない学生や専業主婦の方が申し込みをして審査が通ったという報告があります。

 

学生の方は収入がなく返済できなくなってしまっても両親にお金を借りることができます。

 

専業主婦の方は結婚していて旦那様に返済能力があるという場合が多いです。

 

ですので年収がなくても審査に通りやすくなっています。

 

また学生の方であれば就職した後もカードを使ってくれる可能性があります。

 

主婦の方は日用品を買ったり日用品を買ったり、利用料金が高くなる傾向にあります。

 

このことから収入のない学生や専業主婦の方がカードを発行してもカード会社にも利点があるため審査に通りやすくなっているのです。

 

ただし、審査の時に会社は信用情報を照会しますので、信用情報に何か問題がある場合は審査に通らない可能性があるため注意しましょう。

 

また、仮カード発行後の手続きをおろそかにしていると審査が厳しくなります。

 

例えば仕事が忙しいから在籍確認の連絡を疎かにした、本人確認書類の送付を怠った、だけでも審査が厳しくなる可能性があります。

 

また、今までクレジットカードを持ったことがない人は審査に通りにくい傾向があります。

 

学生の方など若い人なら今までカードを持っていなくても仕方ないかもしれませんが、ある程度年齢のいった人で今までクレジットカードを持ったことのない人には信用情報がありません。

 

なので、カード会社からは「個人信用情報機関の異動情報が無くなった人」だとみなされてしまいます。

 

ただ現金主義だっただけでも審査に通りにくくなるので注意が必要です。

 

もし審査に落ちてしまったら考えられる理由は、信用情報に問題があるか、現金主義だったか、の二つだと思います。

 

専業主婦の方でも落ちている人はこの二つの理由が多いです。

 

審査に落ちたからと言って何件も続けて申し込みをすると「申し込みブラック」という状態」になり、その後のカード審査に落ちてしまう可能性があります。1ヶ月以内で3件以上の申し込み、3ヶ月以内で5件以上の申し込みは、カード会社から借り回りと判断されますので気を付けましょう。

 

エポスカードは年会費無料で割引特典も多く、大変お得なカードです。

 

これからエポスカードの申し込みをする人はこれらのことに注意して申し込みしましょう。

 

 

エポスカードは主婦、学生でも借りれる?

 

丸井デパート系に強いクレジットカードとして強い人気を誇るのが、世界各国で使えるVISAブランドのついたエポスカードでしょう。このカードが強い人気を集めている一つの理由は、審査の難易度が比較的低いこと、そして決まった収入がない学生や専業主婦の方でも作れるという点にあると言えるでしょう。

 

クレジットカードを作りたいと考えている多くの人にとって、学生や主婦でも果たして本当に作れるのかという点は、たいへん関心があるポイントとなっています。

 

この点、エポスカードの申し込み資格として挙げられている点は、年齢は高校生を除く18歳以上に達していること、パートやアルバイト、または専業主婦であっても申し込みが可能であること、さらに未成年の場合は親権者の同意が必要であるという点です。つまり、簡単に言うと、エポスカードの申し込み資格の中に年収の記載がないという点は注目に値します。このことは、無職の専業主婦や大学生であっても申し込むことができるということを意味しています。

 

 

では、エポスカードは収入がない主婦でも借りられると言えるのはどうしてでしょうか。もちろん、パートやアルバイトをしていて一定の収入がある主婦であればクレジットカードを作れるというのは納得がいくことでしょう。しかし、全く収入がない専業主婦ともなれば話は別です。全く収入がない専業主婦であってもカードを作れると言えるどんな理由があるのでしょうか。

 

 

まず、専業主婦であるということは、既に結婚していて夫である配偶者に安定した収入があるということになります。そのため、専業主婦自身には収入がないとしても、配偶者に返済能力があると判断され、クレジットカードの審査に通ることがあります。さらに、クレジットカードを発行するカード会社としても、主婦の方には是非ともクレジットカードを作ってほしいと考えているものです。なぜなら、食料品や日用雑貨などを含め、主婦には買い物をする機会が非常に多いからです。つまり、それだけクレジットカードを使ってくれるということです。

 

 

では、年収などがない大学生の場合はどうでしょうか。これら返済能力がないと判断されかねない学生であっても、クレジットカードを作れると言えるのはなぜでしょうか。まず大学生の場合、仮に返済に困ったとしても両親の援助を期待することができるという点を挙げることができるでしょう。

 

そのため、学生が返済できないためにカード会社が被るリスクはそれほど大きなものではないでしょう。さらに、大学生の方がエポスカードを作って使うことができれば、恐らく学校を卒業して就職した後でも同様にカードを使ってくれることでしょう。こうした点を考えても、大学生にカードを発行することには、カード会社にとっても大きなメリットがあるというわけです。

 

こうして考えてきましたように、エポスカードは決まった収入のない主婦や学生でも借りられるということが理解できたでしょう。一枚作って上手に使ってみるのもいいでしょう。

エポスカードの審査口コミ 申し込み前に知っておきたい

 

私は大学に入学すると同時に、地方から東京に出てきました。私の自宅の最寄り駅の近くにはマルイがあり、食料品からファッション、雑貨など一通りのものがそろっているので、大学帰りやバイト帰りには、きっとマルイに寄って帰ることが予想されました。そのため私はマルイでポイントがためられたり、様々な割引が受けられるエポスカードを申し込むことを決めました。

 

私はエポスカードを申し込む前に、様々な注意点や申し込み方法を確認しました。まずクレジットカードの受け取り方法として、店頭受け取りと郵送受け取りの二つが考えられるということでした。もしも郵送受け取りを選んだ場合には、発送期間があるので、絶対に即日で受け取りをすることは不可能です。そのため私は店頭で受け取りをすることを決めておきました。

 

最寄り駅の近くにあるマルイには、カードセンターが存在しています。大学から帰る際にカードセンターによってカードを受け取ることで、その日から買い物をすることができ便利に利用できると思ったからです。

 

そして申し込み方法にも様々な種類がありましたが、一番おすすめの方法がインターネットでの申し込みでした。店頭で申し込みをすることもできるけれども、スムーズに手続きを進めたいのであれば、インターネットで申し込みをした方がよいということでした。私は大学から帰って一息ついた夜の時間帯に申し込みを行いました。

 

インターネットであれば24時間いつでも受け付けをしているので、自分の好きな時間に申し込みをすることができました。すぐに審査結果が出て、次の手続きにも進むことができました。

 

もしも店頭に申し込みにいっていたら、審査の間を待っている必要があり、もしも審査落ちしてしまえばそのまま帰宅しなければなりません。私はインターネットから申し込みをして本当に良かったと思っています。

 

 

パソコンから申し込みを行いましたが、入力は10分ほどで終了しました。入力する際に気をつけたこととして、キャッシング枠の問題がありました。キャッシング枠は現金を借りることができるものですが、ここで大きな金額を希望してしまうと、審査基準は厳しくなるということでした。

 

私は特に使う予定もなかったので、0円と入力することで、審査通過にも大きなポイントとなったことと思います。審査は1時間ほどで終わったので、申込時に決めた本人確認書類と審査結果のメールを持って、カードセンターへ出向きました。これらを忘れてしまうと、即日でカードが発行できないということで、忘れないように事前に注意しておきました。

 

 

そして申し込む前に知っておいたこととして、時間の問題がありました。一つは申込時間で、もう一つは店舗の営業時間です。カードセンターで手続きができる時間は限られているので、営業時間内に行けるように気を付けました。

 

 

実際にエポスカードを手に入れてからわかったことですが、マルイ以外にも様々な提携店で割引やお得なサービスを受けることができるとわかりました。無事に審査も通過し、カードを手に入れることができよかったです。

 

 

 

エポスカードでお金の借り換えは可能?

 

多重債務者が債務を1本化する目的で利用するおまとめローンは2種類に分類することができます。銀行系のカードローンをおまとめローンとして活用する方法と、その他の貸金業者が提供するおまとめローンという債務の1本化専門のサービスを活用する方法です。

 

エポスカードは基本的にクレジットカードなのでおまとめローンとして活用されることはありません。もちろん債務の1本化を目的として借り換えを行うことは可能です。

 

 

銀行系のカードローンは一般的に金利が低い傾向があります。また貸金業法が適用されないため総量規制の対象外とされています。総量規制の対象となる場合には年収の3分の1を超過する融資を行うことができません。

 

エポスカードのキャッシング枠にも総量規制が適用されます。銀行系のカードローンであれば、総量規制の対象外なため融資額の上限に法的な規制がありません。各社では独自に上限を定めており、500万円から1000万円に設定されているのが一般的です。

 

 

 

エポスカードのキャッシング枠は1万円から99万円まで融資を受けることができます。この範囲内であれば債務の1本化のために利用することができますが、金利は年18%で固定されています。

 

一般的なカードローンの金利は年2%から18%の間に設定されています。特に銀行系のカードローンは金利が安く、10%以下で融資を受けることもできます。エポスカードは基本的にクレジットカードとして利用し、急な資金調達の必要が生じた場合にキャッシング枠を利用するのが合理的な使い方です。

 

 

銀行系カードローンは総量規制の対象外であるため、収入のない専業主婦でも融資を受けることができます。また融資額も消費者金融系や信販会社系と比較して大きくなる傾向があり、多重債務の一本化にも活用することが可能です。

 

一方消費者金融系や信販会社系のカードローンは総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超過して融資を行うことができません。そのため融資額は少額になる傾向が存在します。

 

また銀行系と比較して金利が高めに設定される傾向もあり審査は易しくなります。少額の資金が急ぎで必要になった場合には銀行系以外のカードローンを使用するのが合理的です。

 

 

銀行系カードローン以外の貸金業者は総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える多額の多重債務を1本化するために利用することはできません。一方おまとめローンと呼ばれる多重債務を1本化するための専用サービスが存在します。

 

おまとめローンは顧客に一方的に有利な借り換えに該当し、総量規制の例外とされます。そのため年収の3分の1を超える多重債務を1本化するために利用できます。

 

エポスカードはクレジットカードとしてショッピングに利用し、急に資金が必要となった場合にキャッシング枠を利用するのが便利な使い方です。融資限度額の範囲内であれば借り換え目的で利用することもできます。一方金利や限度額を考慮すると、銀行系カードローンやおまとめローンを活用する方が効率的です。