キャッシング在籍確認

キャッシング在籍確認で職場にばれることある?

キャッシングの申し込みをすると、会社への在籍確認が必須となっています。これは、申込者が安定した収入ができているか、仕事をしているのかどうかを確認するためです。

 

申し込みの時に会社の名前を記入しても、ただの自己申告となっているため、キャッシング会社としては、本当に会社に在籍しているのかが重要になるため、行われるようになっています。嘘の申告をしても、キャッシング在籍確認で必ずバレるので、間違っても偽の会社名をでっちあげたり、働いてもいない会社名を記入することはやめておきましょう。

 

キャッシング会社が行う職場連絡は、基本的に会社に申込者が在籍しているかどうかなので、本人が休んでいようと、その場におらずに電話が取れない、代われないといった場合でも問題はありません。

 

むしろ本人が出ると、そこが会社かどうか疑わしいところがあるので、第三者が電話に出る方が良いとされます。キャッシング会社は申込者のプライバシーを保護する必要があるので、在籍確認のときは会社名を伏せて、個人名で電話をかけてきます。

 

誰だってキャッシングしているというのが周囲にバレたくないですし、バレるようならば誰もキャッシングをしようとは思わないのでしょう。申し込みが減るのはキャッシング会社としても嬉しくない状況なので、まず間違いなく会社名を名乗るようなことはありません。

 

通常は「もしもし、私、ヤマダと申しますが、ゴトウさんはいらっしゃいますか?」という聞き方で、担当者の個人名で電話がかかってきます。以前は架空の企業を名乗っていた時期もありましたが、現在はなりすましや偽名を名乗ることは法律で禁止されているので、この方法は一切行われていません。人によっては「どちらのヤマダさんでしょうか?」

 

と聞き直すこともありますが、「個人的な要件で」といった返し方をするようになっています。どちらにしても、会社名が分からないようになっているので、職場でキャッシングしていることがバレる心配はありません。

 

ただし、職場や申込者の職種によってはバレる可能性もあります。それは、閉鎖的な職場で、外部からの電話が滅多にないようなところ、または申込者自身に電話がかかってくることがないような職種である場合は、電話を取った勘の良い人だと一瞬で理解するかもしれません。

 

そういった場合はやむを得ない事情として処理され、在籍確認をせずに代替措置を取ることもあるようです。代替措置は社員証や在籍証明書、給料明細書の提示が必要となりますが、電話でバレる可能性のある人は担当者などに電話して相談してみると良いでしょう。