プロミス借入と返済方法 借り入れ 会社に電話なし 

プロミスは職場連絡なしでお金借りれる金融機関です

 

プロミスは希望すれば在籍確認の職場電話の相談に乗ってくれます。

 

職場、勤務先に電話なしで審査を行うことが可能です。

 

 

・プロミスの金利 4.5%−17.8%
・プロミス利用額 1万円から最高額500万
・30日間無利息サービス 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資も可能
・20歳から69歳までの安定収入のある方

 

プロミス

 

100%女性オペレーターのプロミスレディースキャッシングも人気 ↓

 

プロミスカードローンの在籍確認は勤務先連絡ある?

カードローンを利用する際に必ずついて回るのが在籍確認の問題です。在籍確認とは、申し込み時に伝えた勤務先に本当に在籍しているかを確認するために行うものであり、会社に電話がかかってきますのでそれで仕事がやりにくくなるのではないかと不安になる人も多いようです。

 

カードローンを利用していることを理由に給料が下げられたり、ましてや解雇をされるようなことは決してありませんのでその点は安心ですが、周囲に知られることで噂を立てられたり変な目で見られるのではないかと誰もが考えます。ですから、電話がかかってくること自体に不安が出て、何とか電話連絡が入らないようにできないかと調べます。

 

プロミスカードローンの場合、原則として在籍確認の電話はかかってきます。この点だけを見るとがっかりしてしまう人も多いかもしれませんが、プロミスではプライバシーの厳守が徹底されていて、決して会社名を名乗って電話をかけてくるようなことはありません。実際に電話をかけてくるのはコールセンターのスタッフなのですが、そのスタッフの対応も非常に良いことで定評があります。ですから、申し込みをした人が電話に出られなかったとしても、他の人が出て嫌な思いをするようなことはありません。

 

こういった対応ではマニュアルがありますが、プロミスでは借り手のことを考えて親身になって対応してくれます。ですから、安心して電話を受けることができますし、会社側にプロミスのカードローンを利用していることが発覚するような恐れもありません。電話も長々と対応しなければならないわけではなく、ほんの一言か二言を答えれば終わりますので、時間にすれば数十秒です。電話を自分で受けることができればすぐに終わりますので、在籍確認に関して思い悩む必要はありません。

 

会社に電話がかかってくること自体を避けたいという場合、プロミスカードローンでは難しいかもしれません。プロミスでは原則として電話での在籍確認が必須となっていますので、電話以外の方法をかわりに採用してもらうということは不可能です。他のカードローンでは例えばWeb完結型の申し込みを利用することで在籍確認なしでカードローンを利用できることがありますが、プロミスではそういったことはありません。

 

電話がかかってくること自体には問題がないというのなら、プロミスのカードローンは非常におすすめのサービスです。消費者金融会社の中でもトップレベルの低金利ですので返済が楽ですし、初回のみ30日間金利ゼロというサービスも行われています。すぐに借りたい人にも素早く対応してくれて、コールセンターの品質も非常に高くなっています。

 

内緒でお金を借りたい時にも便利であり、会社への電話も様々な配慮がされていますので周囲に人たちに知られる心配はありません。高品質という点では他のカードローンと比べると優れていますので、安心して利用できるために人気があります。

 

 

プロミスカードローンの審査基準 どうしても審査落ちしたくない

 

プロミスカードローンの審査基準を見てみる前に、申し込み条件を確認しておきましょう。

 

まず、申し込みできるのは、満20歳から69歳までで、安定した収入があることが条件です。

 

主婦や学生でも収入があれば申し込み可能ですし、パートやアルバイト、契約社員でも問題ありません。

 

次に、本審査の前に行える「お借入シミュレーション」というページがホームページにあるので、生年月日、年収、現在の他社借入金額を入力することによって、プロミスカードローンを利用できるかどうかの簡易診断をしてもらえます。

 

これで第一段階の審査が終わります。

 

その後は、本審査となります。本審査では、属性と信用情報のチェックが行われます。

 

属性とは、職業、勤め先、雇用形態、勤め先など、返済をするうえで重要になって情報です。

 

勤め先でいえば、フリーランスの人は審査に通りにくくなっています。

 

年齢については、一応の基準を示しておきましたが、25歳以下や60歳以上の人は審査に不利です。

 

勤続年数は長ければ長いほどよく、3カ月未満ではプロミス側の受ける印象が悪くなります。

 

家族構成では、ひとり暮らしの人は、借金が返せなくなったときに頼るべき相手がいないので、審査においてはマイナス要因になります。

 

居住形態に関しては、住宅ローンや家賃の負担が少ない人ほど審査に通りやすく、賃貸よりも持家のほうが有利です。

 

なぜかというと、借金が返せなくなったときに、夜逃げすることがないからです。

 

雇用形態については、パートやアルバイト、契約社員でも問題ないと書きましたが、正社員よりは評価が低くなります。

 

年収は高ければ高いほど有利です。

 

そのほか、国民保険よりも社会保険のほうがよく、他社借入件数が多くても不利になります。

 

属性審査で見られるのは以上のような点ですが、プロミスで特に重視しているのが信用情報の調査です。信用情報には、これまでに利用したカードローンやキャッシング
の取引履歴や返済状況などの情報が登録されています。

 

もし、過去にどこかの金融業者のローンなどで返済の長期延滞があったり、債務整理の経験があったりすると、金融事故情報として信用情報機関に保存されます。金融事故情報には、上記の種類のほかにも代位弁済や強制解約などがあります。

 

簡単にそれぞれの特徴を見てみましょう。

 

長期延滞は、2〜3カ月以上の返済の滞りです。

 

債務整理は、借金を減らしたり、帳消しにしたりする方法で、任意整理、個人再生、自己破産などの種類があります。

 

代位弁済とは、債務の返済ができなくなり、代わりに保証会社などが支払いを行うことです。

 

強制解約は、ルール違反により、金融機関側から契約を破棄されることを言います。

 

いずれの金融事故情報があっても、プロミスカードローンの審査には落ちます。

 

金融事故情報といえないまでも、他社借入件数や借入額が多かったり、1週間以内に他社のローンの申し込みをしていたりすると、審査には通りません。これらの情報も信用情報チェックでわかります。

 

したがって、審査に落ちないためには、信用情報をきれいにしておくように日ごろから注意しておくことが必要です。

 

プロミスカードローンは主婦、学生でも借りれる?

 

急にお金が必要になることは、職業に関係なく誰にでも起こりうることです。仕事をしていてある程度収入がある人は自己資金で解決できるかもしれませんが、主婦や学生など収入が少ない人にとってはカードローンは助けてくれる存在となる可能性があります。プロミスカードローンは主婦や学生でも借りることができますが、条件があります。

 

その条件が「安定した収入がある」ことです。この安定した収入の定義は週1回のアルバイトでも構いませんので、毎月決まった日にお給料などの所得があるかどうかです。

 

カードローンやクレジットカードは安定した収入があることが絶対条件となっていますので、収入がない専業主婦や、アルバイトをしていない学生は借りることが難しいでしょう。

 

プロミスの場合は貸金業法の総量規制によって、年収の3分の1以上の貸し出しをすることができません。そのため収入がなければ貸したくても貸し出すことができる金額がないのです。専業主婦の場合、銀行や貸金業法の例外「配偶者貸付」を利用した貸し出しを行っている消費者金融では、契約することができます。しかしプロミスカードローンでは配偶者貸付を行っていないため、借りることはできません。

 

では収入があることにして申し込みをしてしまえばよいのでは、と思う人もいるかもしれません。しかしそれも簡単にばれてしまいます。それは「在籍確認」が行われるためです。

 

昔はプロミスでは書類による審査を行ってくれていましたが、最近では電話による在籍確認を必須としています。そのため働き先がない人は簡単にばれてしまうのです。どこかに勤めているわけではなく、一定の安定した収入がある人は「自営業」として申告しても問題ありません。特に最近では専業主婦でもネットで収入を得ている人もいますので、専業主婦では確実に審査に通りませんが、自営業とすることで一定の収入がある人として認めてもらうことができます。

 

また、学生の場合はもう1つ課題が出てきます。それが年齢制限です。プロミスでは20歳以上の人しか契約することができません。そのため未成年の人はアルバイトをして収入があったとしても契約することができないのです。20歳以上でアルバイトをしている人であれば契約することができるでしょう。

 

このようにいくつかの制限がありますが、主婦でもパートをしている人、学生は20歳以上でアルバイトをしている人であれば契約が可能です。銀行系カードローンでは収入のない専業主婦でも借りることができるものや、学生であれば学生専用ローンを利用することもできます。

 

学生専用ローンでは親の承諾があれば未成年でも借りることができる会社がありますので、プロミスでの借り入れ条件に合っていない場合は、他社を検討してみると良いでしょう。

 

専業主婦の人は自営業とすることで借り入れができる金額が上がることがあります。場合によっては収入を証明する書類を求められることもあります。

 

 

プロミスカードローンの審査口コミ 申し込み前に知っておきたい

 

プロミスカードローンは、過去に利用した経験がありますが審査が通る条件はいくつかあります。他の貸金業者にも共通している点はありますが、注意しなければならないのは次の様な点です。

 

毎月安定している収入があるかどうかが大前提で、私の場合過去に休職期間中がありその時はプロミスカードローンを利用する事ができませんでした。その後仕事を復帰して定期的な収入を得ている後には、最終的に審査が通りましたが、やはり勤務形態に限らず収入面は一番大事な要素になります。定職に就いていれば仮に学生のパート、アルバイトでも安定している収入があるので審査が通る確率は高くなります。例えば定期的な収入は、投資収入や不動産などの家賃収入でも構いません。つまり返済能力があるかどうかの審査がポイントになります。

 

他の金融機関やクレジットカードの利用返済の遅延も審査のポイントになり、私は過去に遅延した経験はなかったのでこの点はすんなり審査をパスしています。最低でも審査申込みから過去3ヶ月〜6ヶ月は支払い履歴情報を調べられるので、1度でも遅延した経験がある方は審査が厳しくなります。

 

他社からの借入も5件くらいまでは申し込みが可能と電話でスタッフに伺いましたが、その時はおまとめローンを利用する方が返済も楽になります。ちなみに貸金業者の場合は、信用照会機関に加盟しているため嘘の情報で申し込むと直ぐにバレるので注意が必要です。在籍確認もするため職場の電話番号の記入や入力ミスをしない事も大事です。在籍情報の連絡は、プロミス始め大体の金融業者は会社名を名乗らず個人名で連絡をくれるので、会社にローン審査の電話である事は分からないのでその点は安心できます。

 

 

プロミスに限らずローンを申し込む時は、申込者の属性が審査されます。プロミスが見る属性とは、家族構成、雇用形態、勤務先、勤続年数、年収、健康保険証の種類、居住形態、居住年数、持っている電話の種類などがあります。20〜69歳以下の人が対象となり、勤続年数や年収が多い方はもちろん審査が有利になります。

 

また、自分の年収の3分の1以上のお金は借りれない裁量規制があり、私の場合は車のローンが他にありましたが、住宅ローンやマイカーローンなどは裁量規制の対象外と説明を受けました。先に述べた勤続年数ですが、私が申し込んだ時は1年の勤続年数で利用する事が可能だったので、ポイントになるのは属性よりも信用情報の方が高いです。

 

仮に属性が完璧だとしてもクレジットカードの支払い遅延や多重債務の方は信用情報に問題があるため、プロミスカードローンの審査は通りにくいはずです。また、絶対にやってはいけない事は、プロミスの審査に落ちるのが心配で他の会社複数にキャッシングサービスなどを一気に申し込む事です。これは信用照会機関からマイナス評価を受けるリスクが高くなります。

 

 

実際の審査申込みは簡単で、パソコンまたはスマホと運転免許証があれば直ぐに審査を受ける事ができます。仮に色々不安な点がある方はオペレーターに直接話を伺いながらやり取りする事をお勧めします。

 

 

プロミスカードローンでお金の借り換えは可能?

 

プロミスカードローンは使用使途自由となっていますので、借り換え目的で契約することも可能です。しかしプロミスは総量規制対象の貸金業者ですので、年収の3分の1以上の貸し出しをすることができません。プロミスでの希望額が50万円を超える場合、もしくは他社の借入額とプロミスでの希望額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要です。

 

収入証明書は年収を証明するための書類で、総量規制を守るために必要なものです。利用できるものは源泉徴収票、直近2か月分の給料明細、確定申告書、納税証明などです。賞与がある人は賞与明細も必要です。給料明細だけでは正確な年収を把握することが難しいからです。

 

現在の他社での借入額にもよりますが、年収が300万円以上ある人は1か所でまとめてしまったほうが有利な条件で借り入れができるでしょう。限度額が100万円以上になると金利が強制的に15%以下に引き下がるからです。プロミスは他の消費者金融よりもやや低く、最大金利が17.8%となっています。100万円以上になた場合でも14.8%となりますので、他社でまとめるよりもわずかに金利を抑えて契約することができるでしょう。

 

総量規制を守って貸し出しをしなくてはなりませんので、他社の借り入れを移す時にまとめて移動することが難しくなることがあります。同時に貸し出しをしてしまうと総量規制をオーバーしてしまうとき、ぎりぎりの限度額まで設定し、増額した分で他社を返済し、返済した分を増額することによって1か所にまとめることができます。与信枠が少ない人は何度もこうした手続きをしなくてはなりませんので少し負担が大きくなることもあるでしょう。

 

また、借り換えをした後、完済したカードは再び利用することがないようにしましょう。もし利用してしまうと、結果として総量規制をオーバーしてしまうことになります。プロミスでは一定期間ごとに信用情報を確認していますので、もし総量規制をオーバーしていたらすぐにわかってしまいます。貸し出し過ぎていた場合はカードの利用が一時的に停止され、支払い専用ローンになってしまうのです。

 

こうした確認を途上与信と言いますが、途上与信は他社でも行っていますので、収入証明書を提出している会社では同様の現象が起こることが多くなります。また、収入証明書は数年ごとに更新しなくてはなりません。所得が低くなっていると限度額も低くなってしまいますので、この場合もまた一時的に貸し出しがストップすることがあります。

 

総量規制対象外で借りたい場合は、自営者ローンを選ばなくてはなりません。自営者ローンはプロミスカードローンと内容は一緒ですが、自営業者が利用することができ、事業性資金への利用が可能なローンです。年収の3分の1以上の貸し出しができるため、自営業者の場合は自営者ローンのほうが高い限度額を設定されやすく、借り換えの希望を叶えることができるでしょう。

 

 

キャッシングしたお金の返済方法(プロミス編)

 

プロミス借入と返済方法 借り入れ 会社に電話なし

プロミスでは、借り入れの場所や時間帯に応じてキャッシング出来る体制が整っており、借り入れの方法も豊富です。

 

もちろん、多彩な借り入れの方法があれば、

 

今度はその返済方法についても確認しておくことも重要で、

 

当然、プロミスでは返済方法も多彩に存在しています。

 

返済方法の種類としては、まずインターネットからの返済があります。

 

インターネット返済では、24時間いつでも返済できる面が都合が良く、

 

しかも土日などの営業時間外でも即座に処理が完了できるため、

 

返済すれば再度キャッシングを受けることが出来ます。

 

インターネット返済は、インターネットサービス会員にログインすることで利用でき、

 

所定のネットバンキングの口座を所持していれば、直ぐに返済することが出来ます。

 

また口座振替による方法もあり、これもインターネット会員サービスから登録でき手数料もかからず、

 

口座からの自動引き落としで返済する方法となっています。

 

そして、近くのお客様サービスプラザやプロミスATM、提携ATMから返済する方法もあります。

 

その中でもプロミスのお客様サービスプラザでの返済は、店頭窓口での返済方法となりますが、

 

お客さんの返済計画を対人で相談しながら返済できるメリットもあります。

 

提携ATMを利用して返済する場合、返済する上で提携手数料が発生することは注意を要します。

 

借り入れ 会社に電話なし プロミスの返済方法

 

プロミス借入と返済方法 借り入れ 会社に電話なし

キャッシングサービスに求めることといえば何でしょうか。

 

それはやはりスピードでしょう。サービスに備わる一括返済機能は、素早い返済に役立ちます。

 

また即日融資機能をご活用になれるケースでは、キャッシングをすぐに実行できます。

 

たしかに一括返済機能や即日融資機能は魅力溢れるサービスですが、他にも注目すべきポイントが存在します。

 

たとえば、企業が取り揃える返済手段をご注目になるべきです。

 

り入れを実施された後は返済が必ず必要です。

 

返済手続きを煩わしく感じる人は多いため、その手段を豊富に取り揃えていることは、大きなご利用メリットとなるはずです。

 

プロミスでは様々な返済手段を用意しています。たとえばネット返済が挙げられます。

 

ネット返済であれば、ご利用時刻もご利用場所も選ばないため、使用頻度が高くなることが予想されます。

 

さらに手数料が無料であるため、経済的な返済方法と呼べます。

 

また、店頭窓口あるいはプロミスのATMをご利用になれば、手数料無料で返済可能です。

 

プロミスのATMは7:00〜24:00で利用可能なため使い勝手が良いです。

 

※ATMにより営業時間、休日が異なります。

 

 

 

店頭窓口で返済される場合には、営業時間に注意しておきましょう。

 

店頭窓口は24時間営業ではないため、業務時間内のご利用を求められます。

 

プロミスの返済方法は色々あるので便利な方法で

 

プロミスにキャッシングを申し込むことを考えたら、返済をどの方法にするかも同時に考えておくといいでしょう。

 

返済方法は自分にとって利用しやすい方法を選ぶとストレスがたまらずに返済ができます。

 

プロミスの返済方法には、銀行振込で返済をする方法があります。

 

口座残高のある銀行口座があればそれを利用すればいいので、かなり自由だと言えます。

 

他には、カードを使ってATMから返済する方法があります。

 

ATMはどこでも返済できるのではなく、プロミスに対応しているATMを利用するようになります。

 

コンビニATMなら返済ができます。

 

その他にも、店に行って直接返済することもできます。

 

近くにATMや銀行がないなどの理由なら、店に行って返済するのがいいのかもしれません。

 

そして、口座引き落としで返済する方法もあります。

 

 

どの銀行口座でもかまわないので、その口座を用意しておくと返済できるので、返済を忘れないようにするためには利用したいものです。

 

なお、銀行口座の種類によっては返済日を色々な日に設定もできるので、この辺りも見ておくといいでしょう。

 

返済について考えたら、プロミス審査をしてプロミス在籍確認が終わると契約になります。

 

 

プロミスのカードの受け取りを要チェック

 

 

プロミスに申し込みをすることを決めたら、カードの受け取り方法を決めておくのがいいです。

 

 

 

カードはどういう時に必要になるのかですが、キャッシングを利用する時に使うことや、キャッシングの返済に使うことがあります。

 

便利なカードですので、カードを使って利用するなら受け取り方法を考えておくようにしたいです。

 

受け取り方法は、郵送によって受け取る方法があります。

 

郵送だと家にいながらカードを受け取れるので便利なのですが、契約してから時間がかかってしまうので早く受け取りたい人には向いていません。

 

郵送以外の受け取り方法には、契約機に行って受け取る方法があります。

 

受け取りに行きたい契約機に行けばそれでかまわないので、早くカードを受け取りたいという人には向いている方法になります。

 

契約機でカードを受け取るなら、身分証明書で本人確認を行いますので忘れずに身分証明書を持って行くようにしましょう。

 

身分証明書は、プロミスのキャッシングを申し込んだときにアップロードで使っているので、それを持って行けば問題ありません。

 

カードの受け取りもキャッシングの申し込みのときに考えておけば慌てずにすみます。

 

そして、プロミス在籍確認を行って、プロミス審査をしてから契約できます。

 

 

プロミスカードローンの限度額は大きくならないようにしたい

 

プロミスでキャッシングをしたいのなら、金利も低くならないかと考えることがあります。

 

金利が低くなるには、限度額が大きくなればなるほど金利が低くなるので、あえて限度額を多めにする契約をしようとします。

 

ここで問題なのは、あまりにも大きな限度額で申し込みをしようとしてもプロミス審査に落ちてしまうということです。

 

プロミス審査では、50万円を超える限度額になると所得証明書を用意しなくてはなりません。

 

所得証明書は税金の証明書があればいいので用意するのは簡単なのですが、所得証明書を用意すると審査が難しくなる可能性があります。

 

審査が難しくなって審査に落ちてしまうと、せっかくプロミスでキャッシングをしようとしたのにもったいないです。

 

このことから、確実にプロミスでキャッシングをするなら、限度額があまり大きくならないようにして、50万円以下の限度額に抑えるようにするのがいい方法です。

 

それなら所得証明書を用意せずに身分証明書だけでプロミス審査が行えます。

 

プロミス審査では、収入などに問題ないのか確認をして、プロミス在籍確認を行ってから最終的に契約をするか決めます。

 

そして、審査が終われば契約して借金ができるようになります。

 

 

 

プロミスカードローンは最短30分の審査になっている

 

プロミスは契約時ATMによる返済や口座振替による返済いずれかの方法を選べます。

 

そして口座振替はカード発行の有無が選択できてカード郵送希望無しを選べばカードレス取引ができます。

 

カード蟻を希望吸えばカード郵送で受け取るか自動契約機で受け取ることに。

 

郵送物が嫌でカードがほしければ近くの自動契約機に行ってください。

 

プロミスは無人店舗に自社ATMが設置してあって提携する銀行、コンビニATMも利用できます。

 

ATM返済を利用するときカードを受け取る必要があって郵送で受け取るか自動契約機でい受け取ることに。

 

カードは数日で届いてその日のうちほしい方は契約機で発行してください。

 

プロミスは最短30分審査最短1時間融資と審査時間が早いのが特徴。

 

プロミスは最短30分審査で早いと30分内に本審査の結果がわかり、

 

審査可能時間は9〜22時で、この時間外の申し込みは翌日以降の結果回答になり、

 

審査は土日祝日でもしています。

 

そして、年収や信用情報で返済力をチェックし雇用形態などで安定した継続収入あるかチェックします。

 

同時に個人信用情報に傷がないか見られます。安定収入があって問題なければ審査に通るケースが高いです。

 

プロミス在籍確認、プロミス審査をよく把握しておくことです。

 

 

プロミスカードローンの在籍確認について

 

プロミスの在籍確認で本人が出たら何点か簡単な質問をされてその会社で働いてることがわかるといいので、

 

本人が電話に出られなくても問題ないです。

 

在籍確認は最終審査でされてこれが取れて、問題なしなら審査OKとなります。

 

そして、すぐお金を借りられうはず。

 

夜間や土日申込みなら職場に電話し確認することができず、

 

在籍確認が翌営業日になって審査結果が保留されることも。

 

プロミスは電話での確認について要望があるときは

 

申し込み完了後すぐプロミスコールに電話し相談してみればほかの方法を提案してもらえることも。

 

在籍確認は登録した会社で働いてることを確認するためで、

 

電話以外の方法でも確認できれば電話確認を省略できることも。

 

土日どうしても融資してもらいたい場面があると思いますが、

 

プロミスなら土日即日融資もできて後日座席確認する形で土日かしてくれることもあってオペレーターに相談してみてください。

 

プロミスなど消費者金融系カードローンホームページは〜秒診断みたいなツールがあって、

 

生年月日、他社借入額など入力し診断を受けますが、これは通常のものとことなります。

 

最低限の条件をクリアしてるか確認することができ、収入ない人や他社借入多い人など審査に不安があれば、

 

診断ツールで審査に通るケースがあるかチェックが可能です。プロミス在籍確認、プロミス審査は大事なものです。

 

 

 

プロミスキャッシングはネット申込み可能

 

プロミスはネット申しこみできて店舗へ行かなくても利用できますが、

 

その日のうちカードがほしければ契約機に行くことになって借入時振込キャッシング利用なら

 

三井住友銀行以外のところでは14時50分までに振込申し込みしないといけません。

 

プロミスはポイントサービスがあってポイント利用すると無利息期間を適用できます。

 

プロミスは提携銀行やコンビニATMで借り入れや返済したとき手数料がかかりますが、これが40ポイントで1か月無料となり、

 

三井住友銀行ATMはいつでも手数料無料。複数の消費者金融を利用して多重債務に陥っていればおまとめローンを利用すれば返済が楽かもしれません。

 

借入先を1つにすると1つの金融機関から借入額が大きくなって金利が下がることがあり、

 

返済日が1つになって精神的負担の小さくなるはず。おまとめローンは銀行が有名ですが、

 

プロミスは通常のキャッシングサービスと別におまとめローン商品も提供していて、

 

総量規制が気になるかもしれないですが、おまとめローンは総量規制対象外で年収3分の1まっでという制限がないです。

 

プロミスもおまとめローン商品を提供していてネットでの申し込みを受け付けてないので電話申し込みになります。

 

プロミス在籍確認、プロミス審査は役立ちます。

 

 

プロミスの提携銀行も利用可能なので使いやすい

 

プロミスを使いいいと思ったのはネットサービスが充実していてオペレーターが丁寧なのはどこの大手消費者金融も一緒ですがネット上での手続きが楽。

 

本人確認書類もすべてネットからできて口座振替の利用もネットバンクからすぐできて、

 

口座振替用紙など書類提出も必要なく、

 

口座振替利用なら自宅に利用明細が送られるカードローン会社もありますがプロミスはWEB明細しておくと口座振替も自宅に書類が送られることはないです。

 

契約時カードを自動契約機で受け取って借入はネットからすれば一切書類が送られることがないです。

 

プロミス借入法は振込キャッシングが利用できますが、ATMはプロミス自社ATM以外に提携銀行も利用できて、

 

私が借りるとき振込キャッシングやコンビニATMを使うことが大公24ッ時間引き出せて安心。

 

コンビニは手数料がかかりプロミスのATMを使ってもいいですが、無人店舗に入るのは嫌で借り入れも返済もコンビニですることが多いです。

 

プロミスは提携してるコンビニ数が多いですここは店舗窓口、

 

無人店舗があって、最近ネット契約主流で、店舗窓口は減少傾向ですが、

 

自動契約機は主要な駅周辺に設置してるはず。プロミス在籍確認、プロミス審査は大事なことです。

 

 

プロミスの30日無利息期間を利用するには

 

キャッシングカード持ち歩くのが嫌という人も多いですが、プロミスATMはカードなしで利用できます。

 

プロミスはポイントサービスがあって、貯めれば提携ATM手数料無料サービスが利用できて、

 

契約時メールアドレス登録やWEB明細利用登録をすると30日間無利息期間がつきますが、

 

ポイントサービスの無理素行期間もあって、契約時30日間無利息サービスを受けてもポイントを使い新たに無利息期間を使えます。

 

ポイントを使いたければプロミス会員サービスにログインしポイント交換をクリックしましょう。

 

提携ATM手数料無料サービスは40ポイイントで申し込み日から1か月間無料で、

 

この期間250ポイントで7日間の無利息期間になって最大700ポイント利用30日間無利息。

 

ポイントで無利息期間を利用する時ポイントサービスに申し込んで溜まれば自動で無利息になるのではなく、

 

ポイントサービスに申し込めば取引微翌日から7〜30日間の無利息期間となり、

 

サービス申込み後返済用Jつから30日間、完済したとき再度の借入翌日から30日間無利息期間となります。

 

このサービスはポイントにより日数がかわって30日間無利息を利用するため700ポイント必要です。プロミス在籍確認、プロミス審査は大事なことです。