新生銀行レイクの在籍確認で知っておきたいこと 職場連絡ある?

 

レイクはテレビCMや電車のつり革広告でよく見かけます。

 

キャッシング審査の際、レイクのオペレーターの評判もとても良いので、初めてキャッシング利用する方におすすめです。

 

最近ではレイクのスマホ完結プログラムも大変に人気です。

 

融資額 :1万円から500万円
貸付利率:4.5%から18.0%(実質年率)
返済方式:残高スライドリボルビングまたは元利定額リボルビング

 

 

 

新生銀行レイクの在籍確認で知っておきたいこと 職場連絡ある?

 

新生銀行レイクは、カードローン会社の一つであり、誰でも簡単にお金を借りることができます。

 

簡単な審査を受ければ、即日融資を受けることができるので、いざお金が必要になったとしても、即解決することが可能です。

 

借金することに対してマイナスな気持ちがあり、誰かに見られたくないと思っていたとしても、誰かに知られることなく利用できるので安心できます。

 

無人機を使って審査を受け、放送案内に従えばスムーズに話を進められます。

 

無人機は人目につかないところに設置されてるので、入店する場面を目撃されることもありません。

 

また、個人情報が周囲の人間にバレることもないので、問題なく新生銀行レイクの審査を受けることができます。

 

審査を受ける際、氏名や年齢、住所などの情報以外にも、勤務先や収入額、利用目的などを入力及び伝えなければなりません。

 

この勤務先は、本当に存在しているかの確認をするため、担当者が必ず電話をします。

 

職場連絡という形にはなりますが、お金が借りに来ていることを伝える、新生銀行レイクで審査を受けていることを伝えるためではないので、バレる心配はありません。

 

電話が繋がるか、誰かが出てくれるかの確認するためだけの連絡となるので、連絡しても問題ないと伝えましょう。返済が長引けば、勤め先に変更がないか連絡があり、その度に職場連絡をします。

 

そのとき、問題なく返済していれば、特に問題はなく、借金していることがバレる心配もありません。

 

他に、両親の連絡先を登録しなければなりませんが、これは本人確認するための手段として使われるので、連絡される心配はいりません。

 

例えば、カードの再発行時、パスワードの再設定時、このようなときに本人確認として、保護者の連絡先を聞かれるので、そのときのみに使用します。

 

ただし、返済が遅延する、滞納してペナルティーを受けたことがある場合は、両親に連絡され、返済するように伝えられる可能性があります。返済さえしっかりしていれば問題はないので、ルールを守ることを徹底しましょう。

 

新生銀行レイクでは、個人情報が大切であり、それによってお金が借りられるようになります。借りられる額については、勤務歴や収入額によって決定するので、無理のない返済をすることができます。また、個人情報は信用機関に保管されるので、流出する心配もありません。

 

このことから、しっかり返済していれば、信用機関に対する信頼度が高まり、今後、お金に関係のある契約が通りやすくなるでしょう。逆に、返済に問題が発生していれば、悪い情報が保管されてしまい、信頼度が低くなってしまいます。これによって、お金に関わる契約が通りづらくなり、ローンなどを組むことが困難になるでしょう。

 

お金を借りることは簡単であり、職場等にバレる心配はありませんが、あらゆる場面で使われる信用機関の情報は常に更新され続けられることになります。だから、問題なく返済するようにしましょう。

 

 

新生銀行レイクカードローンの審査基準

 

新生銀行レイクカードローンの審査基準はどうなっているのかというと、まず何といっても自分に収入があるのかというのが基本になります。収入さえあれば、たとえ会社員ではなくアルバイトやパート、フリーターの人でも借り入れする事が出来ます。

 

 

なので収入がない人、例えば無職であったり専業主婦であったり、ニートであったりすると借りる事が出来ません。一見厳しいと感じられるかもしれませんが、どこの消費者金融も大手だと大体このくらいの審査基準となっています。

 

 

しかし、収入があるからといって必ずしも借りる事が出来るとも限りません。最低でも月に5万円位の収入があれば、審査を通る可能性は高いですが、それ以下だと駄目な場合が多いです。また5万円以上の収入があっても、借り入れ希望金額が大きければ審査は通りにくいですし、逆に少額であれば通りやすいです。

 

 

他にも過去の信用情報で何か問題があったりすると、審査を通過するのが難しくなりますし、今までのクレジットカード歴の信用がよければ通りやすくなります。さらに、他のところからの借り入れ金額が多いと審査に落ちやすくなりますし、複数のところから借り入れしているというのも審査のマイナスになってしまいます。

 

 

 貸し付け条件の年齢を見てみると、20歳以上70歳以下で国内に住んでいる人となっているので、安定した収入さえあれば、原則的には65歳以上でパートやアルバイトをしている人でも審査を受ける事が出来るというのも新生銀行レイクカードローンの特徴です。

 

 

 勤務先に関しても、例えば役所とかで働いていれば、たとえアルバイトやパートでも評価は高いですし、逆に不安定な職業とみなされてしまった職場の場合、審査が厳しくなってしまうという傾向もあります。また会社に勤めている場合は、勤続年数の長さも審査基準に入っています。勤続年数が長ければ長いほど審査が通りやすい傾向で、勤続年数が短すぎるとすぐに会社を止めてしまう人と判断され審査が通りにくくなってしまいます。

 

 

 新生銀行レイクカードローンでは、社会人ではなく学生であっても一定の条件を満たせばキャッシングする事ができます。しかも親権者の同意書は特に必要としていないので、親に知られる事なく借り入れする事もできます。

 

 

 多くの銀行カードローンでは土日祝日、そして夜間の即日審査は行っていませんが、新生銀行レイクカードローンでは行っています。土日そして夜間であっても審査を受ける事が出来るというのが特徴でもあります。

 

 

 新生銀行レイクカードローンは他のところと比べて審査基準が甘いのか厳しいのかどちらかというと、難易度で言うと消費者金融と比べると厳しいといえますが、一般的な銀行カードローンだと大体審査の通貨率が20〜30パーセントで、消費者金融だと40〜45パーセントです。新生銀行レイクカードローンは大体審査通貨率が37パーセントなので銀行カードローンにしては甘いほうの部類に入ります。

 

 

新生銀行レイクカードローンは無利息で借りれる?30日無利息情報

 

カードローンでお金を借り入れる際、気になるのは利息ではないでしょうか。お金を借り入れた以上は発生するものだとはいえ、出来るだけ少なくしたいものある利息ですが、いくつかのカードローン会社では「無利息期間」を設けているところがあります。この期間を上手く利用すれば、借りた金額のみを返済するだけで返済が終わる、ということも可能です。

 

たとえば、新生銀行レイクでは、「30日間無利息」と「180日間無利息」の二つを設けています。しかし後者の「180日間無利息」は、「初めての契約で、契約額が200万円まで」かつ「借入額が5万円まで」という条件があり、5万円を越えた分は通常の金利がかかってしまいます。これに対し、前者の「30日間無利息」は初めての借り入れなら、借入額がいくらでも利息は掛からなくなります。契約額も「180日間無利息」と比べ500万円までと、300万円多くなっています。これらはどちらか一方しか選べないので、5万円以上を借り入れる場合は、前者の「30日間無利息」の方が便利になっています。

 

しかし、これらの無利息期間を利用する際に、いくつか注意しなければならないことがあります。新生銀行レイクの「30日間無利息」の場合、「借り入れ日の翌日」ではなく「契約日の翌日から無利息」が始まり、また「無利息期間中でも返済日は存在する」という点もあります。

 

例えば4月1日に契約し、返済日を毎月28日に設けたとします。この場合無利息期間は5月1日までで、4月2日に借り入れしても、4月5日に借り入れしてもこれは変わりません。

 

このため、契約後すぐに借り入れなければ無利息期間はどんどん減って行きます。また、先程の例であれば4月28日に第1回目の返済日が訪れますが、この時返済が滞ったり、返済最低金額を返済できなかった場合は、その時点で無利息期間が終了し、通常の利息が発生するだけではなく、遅延損害金も発生してしまいます。

 

「無利息期間があるからといって、決して」「無利息期間内のどこかで元金を全て返せば大丈夫」という訳ではないことは、注意しておかなければなりません。

 

 

この期間中に返済できれば、一番最初に述べたように元金を返すだけで終わります。無利息期間に返金しきれなかった場合は、翌日から日割りで利息が発生します。

 

先程の例であれば、5月2日からは日割りで通常利息が発生するようになります。

 

このように注意したい点を述べましたが、それでも30日無利息というのは魅力的な期間です。利率18%がかかる場合、無利息期間がある場合とない場合では、5万円の借り入れであれば739円、10万円の借り入れであれば1479円、20万円の借り入れであれば2958円の差が生じます。

 

無利息期間に返済しきれなかった場合でも、利息は未返済の金額で決定するため、無利息期間がない借り入れの場合よりも安くなります。新生銀行レイクでお金を借り入れする場合は、この期間を上手く使えばよりお得に借り入れすることが可能です。

 

新生銀行レイクカードローンの審査口コミ

 

新社会人になって数年給料も上がってきたので、返済能力があると自分で判断し車用品を購入するためにカードローンの利用を考えていました。

 

 

私がカードローンで一番重要視しているのはすぐに借り入れができるという点で、次期によっては新車や新しい車用品の発売が密集するのでその怒涛の販売ラッシュに対応できるほどの即効性のあるカードローンを探していました。

 

 

数ある口コミ情報を比較した上で新生銀行レイクのカードローンを利用する事にしました。

 

 

判断基準の大きな決め手となったのは口コミ情報にあったスマホで連絡してすぐに審査結果がかえってくるという点でした。

 

 

私が審査を依頼しようとしていた時期はちょうどほしい新車が発売されていた上に、車屋さんの情報では人気のカラーリングがすでに残り少ないとの事だったのでカードローンを即座に利用したいという思惑がありました。

 

 

そういった状況もあったので、スマホですぐに審査結果が来るという点は私にとって十分魅力的だったので即座に審査を依頼しました。

 

評判通り新生銀行レイクの公式サイトで希望借り入れ額とメールアドレスを入力するだけで、翌日にはすでに審査結果が通知され見事カードローンの利用に成功しました。

 

 

しかし新生銀行レイクの魅力はこういった即時審査という点だけでなく、私の判断基準は利息の低さという点も大きなポイントになりました。

 

 

私もこのカードローンの審査を依頼するまでにあらゆるカードローンの条件に関する口コミ情報等を閲覧しましたが、どこも即時審査という謳い文句なのに1か月も審査で待たされたといった話や年利の高さを嘆く声で溢れていました。

 

 

しかし新生銀行レイクの場合200万円までの融資ならば180日間利息が0円という条件なので、ある程度自分の返済能力に見込みがあるのならば利息で返済額が膨れ上がる事なくお金を借りる事ができるようになっています。

 

私は社会人1年生の時と比較いても給料が飛躍的に上がった点もありましたし、近い将来的に大きな収入が入る確信があったので新車発売という状況の後押しもありカードローンを利用する事に決めました。

 

この他にもこのカードローンではATMの手数料が無料になっているため、カードローンを利用する事で徐々に膨れ上がるATM手数料等の必要経費が膨れ上がらないという点も私が選んだ理由の一つになっています。

 

口コミ情報でもこの点は高く評価されており、地味な出費を抑える事で返済額が雪だるま式に増えてしまうのをシステム的に防げると評判になっています。

 

そして最後の決め手になったのがカード発行までのスピードです。

 

多くのカードローンの口コミで話題になっている点が審査が遅いかカード発行が遅いか等一部の対応が遅い点がたびたび話題になっており私も新生銀行レイクのカードを受け取るまではカード発行が早いという口コミ情報に疑心暗鬼でした。

 

しかし事実カード発行までに1週間もかからなかったので、私のようにすぐにお金がほしいという方には非常にお勧めです。

 

新生銀行レイクカードローンでお金の借り換えは可能?

 

新生銀行レイクカードローンは元々は大手の消費者金融ですが、2011年に新生フィナンシャルに吸収され、現在は銀行カードローンとなっています。

 

大手の消費者金融に比べると、審査の通過率は低くなっているようです。しかし、もともとは大手の消費者金融だったこともあり、お金を借りるためのハードルはそれほど高くはないと言われています。

 

新生銀行レイクカードローンでは、「30日間無利息」と「180日間5万円まで無利息」のどちらかのサービスを選ぶことができます。「180日間5万円まで無利息」というレイク独自のサービスが目当てで借り換えをする人も多いようです。

 

例えば、17万円を借りていて、毎月2万円ずつを返済していく場合には、毎月5万円に対しては金利がかからなくなるので、大きなメリットがあります。

 

また、給料日前に毎月5万円までを借りても、180日間は利息がゼロとなりますので、一時的にお金に困っていて、給料の前借りをしたいという人にもおすすめです。

 

新規契約者に対してはとても良心的なカードローンとなっています。

 

新生銀行レイクは新規で借入をする人にはハードルは低いと言われていますが、借り換えをする人はどうでしょうか。それは、いくらの金額を借り換えするのかや、その人の属性によって異なってくるでしょう。

 

レイクはアルバイトの人でも借りられるので、年収の条件はそれほど厳しくはないようです。しかし、年収が200万円のアルバイトの人は、限度額20万円〜30万円くらいが限界になるでしょう。

 

借り換えの場合でも、クレジットカードで借りている10万円〜20万円くらいを借り換えするのなら、可能性はあります。消費者金融から借りている場合でも、本人の属性が良ければ審査に通る可能性があります。

 

レイクでは借り換え専用のカードローンや、おまとめローンという商品は用意されていません。そのため、通常のレイクのカードローンを契約して、自分で借り換えをするという流れになります。

 

他社からの借金を借り換えするためのカードローンではないので、ある程度は年収に余裕がなければならないでしょう.

 

銀行カードローンなので、信用情報にはとても厳しいです。ブラックリストにのっている人ではもちろん審査には通らないと思われますが、過去に延滞が2回、3回くらいある人も注意が必要です。

 

過去に延滞があっても安定して高い収入を得ている人ならば、総合的な審査に通る可能性もありますが、やはり延滞は一度もしていないことが理想です。

 

レイクは借り換え専用のカードローンではないので、他社からの借り入れは2件でなければ厳しいかもしれません。3社から借りている人は、ギリギリ審査に通る可能性はあるかもしれません。

 

すでに4社から借りてしまっている人は、高い確率で審査には通りません。なぜなら、借り入れ件数が5件以上の人を多重債務者と呼ぶからです。すでに4社から借りていて、レイクのカードローンを契約したら一時的にでも多重債務者になってしまいますので、難しいでしょう。