未成年19歳でも借りれる

未成年19歳でも借りれる金融ある?即日お金が必要な時に助かるカードローンはどこ

 

未成年者は法律によって守られているため、大体の金融機関や消費者金融などはお金を貸してくれないことが多いでしょう。

 

ただし、ある程度可能性が残っている借金がいくつかあります。

 

ひとつは学生ローンで、これは未成年キャッシングの可能性の中でも学生であるのなら借りられる可能性があります。

 

大手の金融業者や金融機関は取り扱っていませんが、中小の消費者金融などの中には学生ローンを取り扱っているところがありますので、そのようなところで相談するのがいいでしょう。

 

無担保でも借りられますし、あなたの信用情報や経済力次第で借りられる可能性は大きくなっています。

 

もうひとつは奨学金です。

 

これはそれぞれの制度によっても違いますが、大体の場合は大学や専門学校などの学生であり、何らかの理由で学費や学校のための出費、学生の生活費が出せない時に利用できます。

 

有名なのは日本学生支援機構の奨学金制度で、毎年春に募集がなされます。

 

大体の場合は進学するときなどに募集がなされますが、それ以外にも災害時や急に家計の事情が変わった時などに応募できる「緊急採用」というものもあります。

 

詳しくは日本学生支援機構に問い合わせるか、学校の学生支援課などに問い合わせるといいでしょう。

 

また、それ以外にも様々な奨学金制度や学費免除制度を取り入れているところもあります。このため、何よりも先に学校に問い合わせるのが先決です。

 

また、このような奨学金を担保とした奨学金ローンというものもあります。

 

これは保証人として親などが必要なことがありますが、日本学生支援機構から太陽される入学時特別増額貸与奨学金を担保としてお金を借りることができるというものです。

 

ただし、これは入学後に支給される日本学生支援機構の入学時特別増額貸与奨学金を返済に回す必要があります。また、奨学金の審査に通っているかどうか、ということも大事なことになるでしょう。

 

とはいえ、入学時のお金が必要なときにはとても大事な借入先となるでしょう。

 

よく似たものに教育ローンがあり、最近では教育資金ではなく学生が借り入れをして日々の返済のために利用していることもあります。

 

これは親か通学している本人が借り入れをすることになりますから、その点は考えておきましょう。

 

それ以外なら、クレジットカードのキャッシング枠というのもあります。

 

これは未成年キャッシングでも最も大きな可能性があるもので、基本的に安定した収入があり、それなりに安定して働いているのなら問題なくキャッシング枠が設定される事が多いでしょう。

 

この時、アルバイトやパート、社員として働いているのなら問題はありませんが、学生で学生として申請した場合は、あまり大きなキャッシング枠がつくことはありません。

 

それでも、せいぜい5万円から10万円ということが多く、どんなに大きくても30万円程度までが上限額となっています。

 

もし運転免許を取りたいためにキャッシングするというのなら、それよりもカーローン・自動車ローンをおすすめします。

 

実はカーローンや自動車ローンの中には、自動車免許取得のための借り入れとして使ってもいいところがあるのです。

 

このため、自動車免許取得費用としてキャッシングをするくらいなら、カーローンなどを利用した方がいいでしょう。

 

こちらのほうが金利も低くなり、比較的返済も楽になります。

 

それ以外にも普通に働いているのならフリーローンなどの可能性もありますが、未成年キャッシングということなら様々な面で難しい場合も出てくるでしょう。

 

できれば用途を明確に分け、その用途に合ったローンを利用したいものです。

 

それらに該当する理由ではない事情からお金を借りたい時などは、クレジットカードのキャッシング枠が最も利用できる可能性が高いということになるでしょう。

 

 

19歳でもお金借りれるキャッシングローンある?連帯保証人が必要?

 

キャッシングローンを考えた人の中には、未成年で学生だという人もいるのではないでしょうか。しかし、実は何処の場合でも申込み出来るのは20歳以上となっているため、19歳の場合ですと親の承諾があったとしても申込みをする事は出来ません

 

。これは、キャッシングだけに限らず基本的にローンと名がつくものは、未成年ですと融資が難しいので申込みをしないようにしましょう。

 

但し、マイカーローンなどの一部のローンに関して言えば、親が連帯保証人になる事でローンを組む事ができる場合もあります。何を目的としてお金を借りたいのかというのが明確な場合には、相談をしてみるのも良いでしょう。

 

大手の消費者金融では、申込み資格がそれぞれ異なります。

 

年齢は20歳以上でないと申込み出来ませんが、中には学生や主婦でも申込みをする事が出来るものもありますので、まずはしっかりと色んな会社を見比べてみて、何処が自分に合っているのか、申込みしやすそうなのかというのを見極める事が大切です。但し、学生や主婦であったとしても、安定して継続した収入がある人ではないと審査に通るのは難しいため、収入が全く無い状態で申込みをするのは絶対に止めましょう。

 

また、19歳では申込みをする事は難しいのですが、学生で20歳以上であれば学生ローンを使うという手段もあります。

 

学生専用のローンとなりますので、低金利でお金を借りる事が出来るというのが一番のメリットです。また、学生の場合には収入が今無かったとしても、親がいるという点と、数年後には就職をして安定した収入を得る可能性が高いと見られているため、カードローンに申込みをするよりも審査が通りやすいと言われています。

 

学生ローンだからと言って、学生である期間中に完済をする必要もなく、卒業をした後の完済でも問題が無い場合が殆どです。

 

但し、学生ローンを取り扱っている業者は消費者金融と同じとなりますので、年収の3分の1までしか借入れをする事は出来ません。収入が少ないというのは解っていますので、収入を確認するための資料や在籍確認は行いませんので、友人には内緒に申込みをしたいと考えている人におすすめです。

 

学生ローンの場合ですと、アルバイトをしていて収入がある場合には、基本的に誰でも申込みをする事が出来ます。但し、借入れ金額が10万円までと小額に設定されている業者が多いため、どのくらいの金額を借りたいのかというのをきちんと考えて申込みをしましょう。中には50万円程度と、高額の借入れに対応している業者もありますので探してみるのも良いでしょう。

 

金利ですが、消費者金融の場合ですと10万円の借入れの場合、金利は18%となる場合が殆どです。しかし、学生ローンの場合ですと15%〜17%の金利となる事が殆どですので、金利が安いというメリットがあります。気をつけなくてはいけないのが、学生であったとしても収入が無い学生は融資の対象としていないという事です。貸金業者は、先ほども述べました通り、年収の3分の1を超える貸付は出来ない総量規制の対象となっています。

 

年収が0円の人には1円も融資が出来ないため、ローンの申込みを考えている人はアルバイトをするようにしましょう。

 

そこで気をつけなくてはいけないのが闇金業者です。一般的な消費者金融の場合ですと、19歳未満の学生の申込みは融資を行っていません。20歳以上の学生であれば、学生ローンの申込みは出来ますが、アルバイトをしているなど安定した収入が無ければ申込みをする事が出来ません。

 

つまり、19歳の学生であったとしてもお金を貸してくれる業者は普通の消費者金融ではありませんので、絶対に甘い話にのらないようにしましょう。

 

闇金の場合は金利の設定がかなり高いため、数万円程度しかお金を借りていなかったとしても、あっという間に金利で返済額が膨れ上がってしまう可能性があります。気がつくとお金を返す事が出来なくなってしまい、親や周りの友人たちに迷惑が掛かる恐れも出てきますので気をつけましょう。

 

また、19歳の人でもお金を借りる事が出来る方法が1つあります。それは結婚をするという事です。民法上では未成年者でも婚姻をすると成年者として扱われます。成年者になれば契約も単独で行う事が出来るようになりますので、未成年だからという理由で融資を断られる事はありません。

 

19歳の未成年者にとって、お金を借りる際にネックとなるのが法律上の問題になります。単独での契約が出来ないというだけで、貸し出しの対象外としている金融機関も多いため、出来る限りローンを組むのは20歳を超えてからのほうが安全です。

 

しかし、中にはどうしても今すぐお金を借りたいという人もいるでしょう。その場合には、消費者金融からお金を借りるのではなく、親に相談をしてみましょう。親に知られたくないからと言って、絶対に悪質な金融会社に手を出す事だけは避けましょう。