未成年19歳でも借りれる

未成年19歳でも借りれる金融ある?即日お金が必要な時に助かるカードローンはどこ

 

未成年者は法律によって守られているため、大体の金融機関や消費者金融などはお金を貸してくれないことが多いでしょう。

 

ただし、ある程度可能性が残っている借金がいくつかあります。

 

ひとつは学生ローンで、これは未成年キャッシングの可能性の中でも学生であるのなら借りられる可能性があります。

 

大手の金融業者や金融機関は取り扱っていませんが、中小の消費者金融などの中には学生ローンを取り扱っているところがありますので、そのようなところで相談するのがいいでしょう。

 

無担保でも借りられますし、あなたの信用情報や経済力次第で借りられる可能性は大きくなっています。

 

もうひとつは奨学金です。

 

これはそれぞれの制度によっても違いますが、大体の場合は大学や専門学校などの学生であり、何らかの理由で学費や学校のための出費、学生の生活費が出せない時に利用できます。

 

有名なのは日本学生支援機構の奨学金制度で、毎年春に募集がなされます。大体の場合は進学するときなどに募集がなされますが、それ以外にも災害時や急に家計の事情が変わった時などに応募できる「緊急採用」というものもあります。詳しくは日本学生支援機構に問い合わせるか、学校の学生支援課などに問い合わせるといいでしょう。

 

また、それ以外にも様々な奨学金制度や学費免除制度を取り入れているところもあります。このため、何よりも先に学校に問い合わせるのが先決です。

 

また、このような奨学金を担保とした奨学金ローンというものもあります。

 

これは保証人として親などが必要なことがありますが、日本学生支援機構から太陽される入学時特別増額貸与奨学金を担保としてお金を借りることができるというものです。

 

ただし、これは入学後に支給される日本学生支援機構の入学時特別増額貸与奨学金を返済に回す必要があります。また、奨学金の審査に通っているかどうか、ということも大事なことになるでしょう。

 

とはいえ、入学時のお金が必要なときにはとても大事な借入先となるでしょう。

 

よく似たものに教育ローンがあり、最近では教育資金ではなく学生が借り入れをして日々の返済のために利用していることもあります。

 

これは親か通学している本人が借り入れをすることになりますから、その点は考えておきましょう。

 

それ以外なら、クレジットカードのキャッシング枠というのもあります。

 

これは未成年キャッシングでも最も大きな可能性があるもので、基本的に安定した収入があり、それなりに安定して働いているのなら問題なくキャッシング枠が設定される事が多いでしょう。

 

この時、アルバイトやパート、社員として働いているのなら問題はありませんが、学生で学生として申請した場合は、あまり大きなキャッシング枠がつくことはありません。それでも、せいぜい5万円から10万円ということが多く、どんなに大きくても30万円程度までが上限額となっています。

 

もし運転免許を取りたいためにキャッシングするというのなら、それよりもカーローン・自動車ローンをおすすめします。

 

実はカーローンや自動車ローンの中には、自動車免許取得のための借り入れとして使ってもいいところがあるのです。このため、自動車免許取得費用としてキャッシングをするくらいなら、カーローンなどを利用した方がいいでしょう。こちらのほうが金利も低くなり、比較的返済も楽になります。

 

それ以外にも普通に働いているのならフリーローンなどの可能性もありますが、未成年キャッシングということなら様々な面で難しい場合も出てくるでしょう。

 

できれば用途を明確に分け、その用途に合ったローンを利用したいものです。それらに該当する理由ではない事情からお金を借りたい時などは、クレジットカードのキャッシング枠が最も利用できる可能性が高いということになるでしょう。